当研究所では、研究協力者などの著者に直接承諾を得た記事や論文を、リズムセラピーに興味のある方を対象に、随時公開していきます。

なお、このページに記載されています記事、画像、および論文の著作権は、すべて当研究所に帰属します。論文内容の全部もしくは一部を、当研究所に無断で印刷媒体・CD-ROM・その他の媒体に複製、転載、引用等の行為を一切禁じます。ご了承ください。

贄川治樹(リズムセラピー研究所所長)
 『被災者へのケアに関する覚え書き』
 『被災地を訪問して感じたこと』

呂寅仲(ヨ・インジュン)精神科医(ソウル東南精神病院院長 )
 『ウンドゥンヒョンウェトリ(隠遁型ひきこもり)』について


クリスティーン・スティーブンス 音楽療法士
 『生命の鼓動 ー ドラミングが健康に及ぼす10の効用』
 『静寂に至るためのドラミング ー リズミック瞑想のためのヒント』
 『ハーモニーのビート ー がん患者とのドラミング』
当研究所所長 贄川が師範を務めますセロトニンDojoのサイト上の論文です。

有田秀穂 名誉教授(東邦大学医学部統合生理学)
 『リズム運動がセロトニン神経系を活性化させる』
 『セロトニンの生理作用』
 『セロトニンとは? 〜セロトニンDojo代表 有田秀穂氏へのインタビュー』
 『不眠症、うつ病を克服したい方々に対するアドバイス 〜 有田秀穂氏へのインタビュー』
当研究所所長 贄川がディレクターを務めますBIPS(BIO Integral Psychotherapy School)のサイト上の論文です。

●デイビッド・ボアデラ(バイオシンセシス創始者)
 『バイオシンセシスとは』


●アレクサンダー・ローエン(バイオエナジェティックス創始者)
 『グラウンディング』


●ジェローム・リス(バイオシステミックス創始者)
 『無意識世界の鍵を開けるキーワード』


ゲルダ・ボイスン 心理療法家(バイオダイナミックス心理学創始者)
 『ボディサイコセラピーは心理療法である』
 『バイオダイナミックスとは何か』
 『神経症に関するバイオダイナミックスの理論』


クローバー・サウスウェル 心理療法家(ロンドン・バイオダイナミックス研究所所長)
 『身体のなかで心に出会う』


●ラヴィ、ディケマ
 『ポリヴェーガル理論 〜 ポージェスへのインタビュー』