2009年1月 「チベットを知る夕べ」のお知らせ


ダライラマ14世への10日間に渡る同行取材を含め
今なお続くチベット人の受難を伝える映画「チベットチベット」の上映と
長屋和哉さんのミニライブ、そして「チベットチベット」のキム監督と
長屋和哉さんのトークイベントがあります。


どうぞ、お友達とご一緒にお越しください。


◎推薦の言葉


「私達には第三の道がある。そう予感させる映画」田口ランディ(作家)


怒りはとてもやっかいな感情です。
理不尽な加害者に対して被害者は闘うことによって謝罪を求める。
相手をねじ伏せ打ち負かそうとする。でも、それは何故かむなしい。


在日韓国人3世として生まれた<金森太郎こと金昇龍>は
そのむなしさを知っていたと思う。
勝ち負けを超えた「祈り」によって迫害を乗り越えようとするチベット民族が
この少年をどう変えたのか。


ささやかだけれど、私達には「第三の道」がある。そう予感させる映画です。


◎日 時:2009年1月31日(土)18時開演(17時30分開場)


◎会 場:浄土真宗 正満寺(港区高輪1−27−44)
     都営浅草線高輪台駅より徒歩10分
     東京メトロ南北線、都営三田線白銀高輪駅より徒歩10分
     http://www.shomanji.com/


◎料 金:3,500円
     

◎お申し込み:チケットぴあ受付電話番号 0570−02−9999
       Pコード 554−746


投稿者 haruki : 2008年12月03日 07:35 | トラックバック (0)

2011年9月 くにたちNPO活動支援室主催「ヘルスリズムス」のお知らせ


2011年6月に、くにたちNPO活動支援室主催で
ヘルスリズムスを2度行い、楽しい時間を過ごして頂きました。


9月に2回目を行います。


今回も強力なサポートチームが入ります。


詳細が決まりましたら、こちらのブログで紹介いたしますが
現時点で分かっていることをお知らせします。


*  *  *  *  *  *  *  *  *  *


日 時:2011年9月24日(土曜日)
     第1部:13:30〜15:00
     第2部:15:30〜17:00


会 場KFまちかどホール(国立市富士見台1-7 1-101)


定 員:60名(各回30名、空席時当日参加可)


対 象:子どもから高齢者まで(国立市民でなくても可)


ファシリテーター:贄川治樹&国立市サポートチーム


参加費:大人500円、中学生以下100円
     今回の収益は東日本大震災で被災された方々への義援金として
     しかるべき機関を通じ、全額寄付させて頂きます。


申込み:FAX、電話にて「住所、氏名、参加人数
     (お子さまの場合、学年または年齢)、ご連絡先」を
     以下までお知らせください。


     くにたちNPO活動支援室 TEL&FAX 042−573−1023
     電話受付:月・火・金・土曜日 13時〜17時
                木曜日 10時〜14時


共 催国立市役所



投稿者 haruki : 2011年07月18日 10:19 | トラックバック (0)

2011年11月 「リーダーシップ世界大会」のお知らせ


リーダーシップ世界大会は、全世界でコーアクティブ・リーダーシップ・プログラムや
コーアクティブ・コーチングを提供している米国CTIが主催するものです。


第1回世界大会は、2009年にニューヨークで
第2回世界大会は、2010年にバルセロナで開催され
第3回世界大会は、2011年11月に東京で開催されることになりました。


世界大会は、世界中から数百人の一般の人が集まり
リーダーシップについて話し合ったり体感しながら深める
3日間のワークショップとなります。



この大会において、リーダーシップとはどのように定義しているのでしょう。


「すべての人はリーダーである。
  一人ひとりのリーダーシップスタイルや表現の仕方は
 それぞれがとてもユニークである。
 

 リーダーシップの源泉は、一人ひとりの内面にある。
 

 リーダーがありのままで心を開くとき、お互いの意識がつながり
 共鳴しあうことが出来ます。
 

 そしてさらに地球・宇宙の声ともつながり共鳴しあうとき
 リーダーの想いがいたるところで現実となります。

 この大会では、一人ひとりが心を開き
 自分自身のユニークなリーダーシップスタイルをみつけ
 互いにつながり共鳴しあう世界を体感できます。
 

 全員参加型のリーダーシップを体験し
 家族・組織・団体・会社など
 あなたの周りに起こしたい変化を起こしてください。 」


このリーダーシップ世界大会の2日目に私、贄川が分科会の一つを担当します。


2日目のテーマは「あなたのユニークさはさらに奥深く」
私が行う分科会のテーマは以下です。


「身体に潜むリーダーシップの可能性 〜身体知から体感する本来のユニークネス〜」


私が言うのも何ですが、講師陣も充実していますし
魅力溢れる世界大会ですので、是非とも足をお運びください。


今の日本にとって、ひとりひとりがリーダーシップを発揮していくことが大事です。


一緒に未来を創り出しましょう!


参加希望の方は、以下の情報を記載し、当研究所にメールにてお申込みください。
当研究所でお申込みを受け付けることができます。


 ・お名前
 ・参加希望の分科会2日分
 ・メールアドレスと携帯電話番号


リーダーシップ世界大会のサイトは、こちらから。


投稿者 haruki : 2011年08月23日 10:09 | トラックバック (0)

2011年11月 「リーダーシップ世界大会」のお知らせ


先日、このブログでお知らせしたリーダーシップ世界大会についてですが
私が2日目に行う分科会の申込みを、もうすぐ締め切らせて頂くことになりそうです。


定員30名に対してすでに27名の申込みがあったと
1週間前に連絡が入りました。


定員に達し次第、申込みを締め切らせて頂きますので
ご検討をされている方は、早急にお申込みください。


投稿者 haruki : 2011年09月21日 09:29 | トラックバック (0)

2011年11月 「リーダーシップ世界大会」のお知らせ


リーダーシップ世界大会で、2日目に私が行う分科会
身体に潜むリーダーシップの可能性 身体知から体感する本来のユニークネス」は
30名の定員に達したため、申込みを締め切らせて頂きました。


多くの方が興味を持ってくださり、嬉しいです。
当日の分科会では、皆さんに身体感覚を使って「未知なる自分」を探っていきます。


どうぞ、お楽しみに。


また、私の分科会は締め切りましたが
他にもたくさんの素晴らしいプログラムがありますので
ぜひ、ご参加をご検討ください。


以下は、主催者からのメッセージです。


*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *


今年の11月3日、4日、5日に開催される
リーダーシップ世界大会のお誘いです。


現在、世界は激動の時代を迎えており
多くの変化、変革が日々起きています。


日本は3.11に未曾有の震災を経験し、
そこからの復興を通じ、日々価値観の変化を
感じずにいられない時間を過ごしています。


その変化の中で、リーダーシップそのものの考え方や
あり方も変化しています。


この大会は、この激動の時代をふまえ、
新しいリーダーシップのあり方を追求する3日間です。


「あなたのユニークさが未来を創りだす」
を合言葉に、あらゆる人がリーダーシップを発揮する未来社会を
願って、この大会を開催いたします。


内容は、自分の内側にあるリーダーシップの種を見つけ
今世界で起こっていることなどを知り、最終日では、
参加した全員がそれぞれのリーダーシップを発揮し、共鳴しあいながら、
5年後、10年後にあらわれる未来社会の姿をその場で体験していく、
これまで私たちが体験したことのない未来型のワークショップになっています。


基調講演には世界トップのエステティシャンである今野氏
また、映画「ガイア・シンフォニー」で有名な龍村監督が出演します。
分科会はビジネスから社会事業、自身が障害者であり自立生活を送っている人
さまざまなリーダーシップを体現している方が出演し、
まさに、新時代のリーダーシップのあり方を目の当たりにする3日間です。


詳細はコチラのホームページを参考にしてみてください
たくさんの講演会やワークショップもあり
色々な方面から自分のリーダーシップを見つける仕掛けが満載です!


http://www.allleaders2011.com/


皆様の参加を心よりお待ちしております。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃      ~あなたのユニークさが未来を創りだす~ 
┃        全員参加型リーダーシップへの旅
┃       『リーダーシップ世界大会 東京 2011』
┃         http://www.allleaders2011.com/          
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■日  時  2011年11月3日(木)~5日(土) 3日間
       9:30~18:00 (9:10開場) 10:00~17:00 (9:30開場 最終日)     


■場  所  国際ファッションセンター(3階) Tel: 03-5610-5801
        都営地下鉄大江戸線「両国駅」A1出入口に直結。


■対 象 者  あらゆる方々が対象です。たとえば・・・
       ・経営者、起業家、社会起業家、士業、個人事業主
       ・チームリーダー
       ・次世代のチームリーダー
       ・コーチ、カウンセラー、セラピスト
       ・教育者
       ・主婦
       ・学生
       ・障害者
       ・自分の人生にリーダーシップを持って生きていきたい方


<なかでもこんな方におすすめ!>
 *新しいリーダーシップのあり方について知りたい
 *リーダーシップを身につけたい
 *自分なりのリーダーシップを見出したい
 *リーダーとして、リーダーシップを再考したい
 *今後の生き方をもっと深く考えたい
 *自分の強みを生かす生き方をじっくり考えたい
 *今後の具体的なアクションを考えたい


■参加料金 3日間:45,000円  

 
■プログラム概要 http://www.allleaders2011.com/


 1日目:今の時代に生きる あなたの“ユニークさ”を見つめる
 基調講演、分科会、振り返りの時間を通じて、激動の今の時代を知り、
 自分の中のユニークさはなにかを見出していきます

 
 2日目:あなたの“ユニークさ”がリーダーシップへ
 基調講演、分科会、振り返りの時間を通じて、ご自身の“ユニークさ”
 をリーダーシップにつなげていきます


 3日目:全員参加型リーダーシップの旅へ
 この日は一日ワークショップ形式で、ご自身のリーダーシップの宣言
 また、全員でそのリーダーシップを発揮したときの未来社会の姿を
 体験していきます。


■ワークショップで得られるもの
 ・新しいリーダーシップのあり方を学ぶことができる
 ・自分自身のなかのリーダーシップが引き出される
 ・自分自身のリーダーシップに変化が起きる
 ・周りを巻き込むリーダーシップのあり方で人間関係が変わる
 ・周りとの共鳴を体験することで、自分のリーダーシップに自信がもてる
 ・全員がリーダーになった世界を見ることができる
 ・次の日からのリーダーシップのあり方が変わる


■大会概要


この大会は、コーチング養成機関の米国CTI社が全世界で展開している
”コーアクティブ・リーダーシップ・プログラム”や”コーアクティブ・コーチング”を
学んだ者が中心となり、2009年にニューヨークで、翌年はスペイン・バルセロナで
開催されました。


第3回の本大会は、世界中から日本に参加者が集まり
リーダーシップについて対話したり体感しながら学び・深める
場へと変化を遂げました。


■基調講演・分科会 出演者


<1日目>
 基調講演:
 世界№1エステティシャンが語る「千年かけて培われた究極のリーダーシップ」
 株式会社アイテラス代表取締役社長:今野華都子氏


 分科会:
 ①社会の“夢”(世界観)に働きかけるリーダーシップ 「チェンジ・ザ・ドリーム」
 ②ビジネス・社会を変えるリーダーシップ
  「U理論が解き明かすイノベーション(革新)の秘密」
 ③感情から探るリーダーシップ「リーダーシップそれは感情の旅 心の中の広島」
  ⇒満員御礼のため締め切らせていただきました。
 ④ワールドシフトのためのリーダーシップのあり方
  「2012年、シフトを日本から。それぞれの立場で発揮するリーダーシップ」
 ⑤復興支援のリーダーシップ「“ひまわりオジサン”の被災地復興」
 ⑥ビジネス創生記のリーダーシップ「ビジネス創生記の公と私」


<2日目>
 基調講演:違いを越えて、一人ひとりの持つリーダーシップを奏でるとき
 「地球(ガイア)の声が聴こえますか?」映画監督 龍村仁氏


 分科会:
 ⑦身体に潜むリーダーシップの可能性「身体知から体感する本来のユニークネス」
  ⇒満員御礼のため締め切らせていただきました。
 ⑧花で知るあなたらしいリーダーシップ「花と心理学の融合 フラワーセラピー」
 ⑨ヒューマニスティック・リーダーシップ
  「ビジネスシーンで本物の存在の力を行使すること」
 ⑩組織におけるリーダーシップの発揮
  「企業のビジョンと個人のビジョンをつなぐリーダーシップ」
 ⑪自然と共生するあり方を示すリーダーシップ
  「リーダーのビジョンと強いコミットメントが未開の世界を切り開く!」
 ⑫セルフリーダーシップ“わたし”を生きる力
  「自分のためのリーダーシップをとろうよ」


投稿者 haruki : 2011年09月26日 07:06 | トラックバック (0)

2011年9月 国立市での「ドラムサークル」が終わりました


くにたちNPO活動支援室主催(国立市役所共催)のドラムサークルが
9月24日に、国立市にあるKFまちかどホールにて行われました。


1部、2部、併せて50名ほどの参加者が集まり
楽しい時間を過ごしました。


当初、ドラムサークルを組み込んだ、免疫機能を高めるためのプログラム
ヘルスリズムスを行う予定でいましたが
参加者の顔ぶれを観て、急遽、ドラムサークルに切り替えて
太鼓を叩きまくりました。


ヘルスリズムスでは毎回、皆さんに感想を伺いますが
今回は、感想を伺いませんでした。


皆さんにとってどうだったのか、知りたかったと思いながら
片付けをしていたら、ご近所にお住まいの奥さまがやってきて
こう言ってくれました。


「家まで、太鼓の音が聞こえてきたわよ。
 明日は谷保天満宮のお祭りだから、その練習かと思っていたけれど
 なんだかお囃子とはリズムが違ったのよね。
 でも、聞こえてくるリズムが気持ちよくって
 家のなかで身体が踊り出しそうで、元気になったわよ。
 ありがとねぇ。」


次回は2012年2月4日に行います。


興味のある方は、このブログをチェックしてください。
近づきましたら、情報を掲載します。


以下に今回の様子を掲載します。



赤ちゃんも・・・



子どもも・・・



大人も・・・



叩いて叩いて叩きまくります。



赤ちゃんも・・・



子どもも・・・



集中することで・・・



今、この瞬間に居ることができ・・・



集中することによって・・・



意識が明晰になります。



叩くことによって・・・



内なる野生が目覚めます。



今度は一緒に、内なる野生を目覚めさせましょう。


投稿者 haruki : 2011年09月26日 15:43 | トラックバック (0)

2011年11月 「富山と魚津での講座」が終わりました


富山と魚津に滞在した2日半で
個人セッションを6セッション、母子関係の講習会とリズムセラピーを行ってきました。


毎晩、遅くまでミーティングがあったので、睡眠不足でしたし
日中もハードスケジュールでしたが
新たな出会いもあり、幸せな時間でした。


オーガナイズをしてくれた塚田さん、ありがとうございました。


そして、個人セッションをさせて頂いた3会場とも
落ち着ける空間だったので、気持ちよくセッションに集中できました。


富山市郊外の梨畑のなかにあるカフェ「竹花」(挿入写真はすべて竹花です)
富山市中心部の総曲輪にあるヨガスタジオ「UNION
富山市郊外にあるテニススクール「センティア WEST


リズムセラピーを開催した魚津学びの森
静かな森のなかにあり、気持ちが良かったです。


快く施設を使わせてくださったオーナーやコーチに感謝です。


何より、今回、いらしてくださった方々に感謝です。


個人セッションの体験談を
ヨガ・インストラクターのてるさんがブログに書いてくださいましたので
よかったら覗いてみてください。


今回の出会いを大切にして、今後の富山と魚津での展開を考えたいと思っています。


富山の皆さん、楽しみにしていてください。



昨夜、UNIONでの個人セッションが終わってからミーティングをして
夜、東京まで走行距離450キロの長距離ドライブに向けて、出発。


7時間以上かかり、夜中2時30分に無事東京に着きました。
その間、サービスエリアでの休憩は1箇所のみ。


運転は、「今」の瞬間に集中し、覚めた意識状態が続くので
僕にとって長距離ドライブは、苦痛ではなく、好きな時間なのです。


ただ、今回は予想外のことが途中で起きました。


それは、タイヤのパンク。


今日は朝から、自治体の介護予防教室があり
その後は個人セッションが詰まっていたので
少しでも東京に早くに着いて、睡眠を取りたいと思っていましたから
心のなかで、思わず言葉が浮かびました。


「なんでよりによって、このタイミングでパンクなんだ。」



結局、3時間しか眠れませんでしたが
気持ちよく介護予防教室と個人セッションをこなし
その後、山梨までドライブをしてきました。


その時、高速道路の表示板を観て驚きました。


なんと昨日走ってきた高速道路の一部が、雨のために通行止めになっていて
なおかつ雪のため、チェーン規制もあったのです。


もし一日ずれていたら、富山から帰ってくることはできませんでした。


雨による通行止めがなくても、まだスタッドレスに交換していないので
きっと立ち往生していたことでしょう。


昨日はパンクはしたけれど、帰ってくることができましたから
幸運だったんだと思えました。


人間万事塞翁が馬ですね。


投稿者 haruki : 2011年11月22日 00:06 | トラックバック (0)

2012年2月 国立市での「ドラムサークル」が終わりました


今回で3回目を迎えた
くにたちNPO活動支援室主催(国立市役所共催)のドラムサークルが
盛況のうちに終わりました。


前回同様、1部、2部、併せて50名ほどの参加者が集まり
楽しい時間を過ごしました。


国立市でのドラムサークルのよさは
世代間交流ができることです。


これからもコミュニティの活性化に
少しでも力になれればと思っています。


今回は忙しかったために、事前に開催の告知できませんでした。
申し訳ありませんでした。


次回は、7月の予定です。




投稿者 haruki : 2012年02月14日 09:30 | トラックバック (0)

2012年3月 「リズムセラピー体験と昼食会」のご案内


3月18日(日)に、雪だるま財団主催「リズムセラピー体験&昼食会」を行います。


場所は、越後奥寂庵のある大島区の隣町
上越市安塚区にある温泉施設「ゆきだるま温泉 雪の湯」です。


太鼓を叩いて、美味しい郷土料理を戴き、温泉に入って疲れを癒す・・・
そんな贅沢な時間を過ごしてみませんか?


スキーやスノーボードをされる方は
目の前がキューピットバレイのゲレンデですので
前日から入り、土曜日はスキーをするのもいいでしょう。


詳細は、越後奥寂庵だよりをご覧ください。


投稿者 haruki : 2012年02月14日 10:31 | トラックバック (0)

2012年3月 「国立市介護予防教室」後期終了


3月21日に、今年1月4日からスタートした介護予防教室が終了しました。


今回の教室は、「ノリ」に意識を向けました。
同じテンポで、重たいリズム、軽快なリズムを見事に皆さんが刻まれ
同じテンポとは思えないくらいのリズム感、グルーヴ感を体験して頂きました。


最終回の最後のグループ・ドラミングでは、皆さんが力強いリズムを刻み
最後に皆さんが仰っていましたが、皆さんの気持ちが一つになった体験でした。


今回は雪のため、10回目がお休みとなったため
11回しかありませんでしたが
本当に、太鼓を通して皆さんが意識を共有した教室でした。



最後の瞑想が終わったとき
ある参加者がこう言われて、歌い始めました。


「最後の瞑想の時間、リラックスしていましたら
 60年前、12歳の時に私が作詞作曲した歌を思い出したのです。
 今まで50年間は全く思い出すことのなかった歌が
 瞑想の時間に断片的に少しずつ思い出され
 最後にすべて思い出すことができたのです。
 ですから、皆さんの前で歌いたいのですが、よろしいですか?」


その歌の歌詞、メロディー、その方の想いが伝わってきて
私も含め、参加者全員が感動しました。


場全体の意識が高揚し、愛と希望で満たされている感じでした。



このことから、太鼓の持つ力、音楽の持つ力を考えざるを得ませんでした。


リズムとドラミングの力によって、深いところで意識や気持ちが分かち合われ
ドラミングの後は、安心感のなかで深くリラックスし、頭が空っぽになるために
記憶や気持ちが浮上しやすいのです。


まだ私も言葉になりませんが、あらためてリズムとドラミングの力について
考えていきたいと思いました。


投稿者 haruki : 2012年03月22日 13:41 | トラックバック (0)

2012年4月 「大阪での個人セッション」が終わりました


昨年から関西でも個人セッションを行っていますが
今回は、アレクサンダーテクニーク教師であり
言語聴覚士でもある井上雅子さんのご厚意により
雅子さんのセッションルーム「小風」を使わせて頂きました。


上の画像から、「小風」の素敵な雰囲気が伝わると思います。


大阪駅の隣り、福島駅から徒歩5分という便利な場所で
心地良くセッションを提供させて頂きました。


この場を借りまして、雅子さんに御礼申し上げます。


次回は、8月30日〜31日に大阪で個人セッションを行う予定です。


ご希望の方は、お早めにご連絡ください。


投稿者 haruki : 2012年04月09日 08:20 | トラックバック (0)

2012年6月 3つのイベントのお知らせ

6月に、3つのイベントを主催します。


すでに1ヶ月を切っているために
予定が入っている方もいらっしゃると思いますが
ぜひ、ご参加をご検討ください。


*  *  *  *  *  *  *  *


【プラーナヤーマ・ワークショップ】


 プラーナヤーマは、ヨーガの伝統的な呼吸法です。
 今回は、インドの伝統的なヨーガの教えを忠実に
 かつ科学的に伝えているカイヴァリヤダーマ・ヨーガ研究所で
 教えられているメソッドをご紹介します。


 日 程:6月2日15時〜16時30分(受付14時30分)
 講 師:齊藤素子(外科医・ヨガインストラクター)
 料 金:3,150円(税込み)
 定 員:8名
 会 場:セロトニン道場(御徒町駅北口より徒歩1分)


 詳細は、こちらから。


*  *  *  *  *  *  *  *


【ボディサイコセラピー入門講座】


 ボディサイコセラピーの概要と
 BIPSでトレーニングを行っている4つの学派の特徴を簡単にお伝えします。
 ボディサイコセラピーを理解するには
 身体とともに体験する必要がありますが
 体験は別の機会に譲り、初回である今回は座学となります。


 日 程:6月2日18時〜21時(受付17時30分)
 講 師:贄川治樹(リズムセラピー研究所所長・BIPSディレクター)
 料 金:3,150円(税込み)
 定 員:20名
 会 場:セロトニン道場(御徒町駅北口より徒歩1分)


 詳細は、こちらから。


*  *  *  *  *  *  *  *


【BIPS 公開ワークショップ(予定)】


 日 程:6月29日13時〜7月1日14時
 講 師:ルーベンス・キグネル(BIPSチーフ・ディレクター)
 料 金:68,000円(税込み)
 会 場:伊予ロッヂ(山梨県 清里)


 詳細は、近日中にアップします。


投稿者 haruki : 2012年05月09日 11:54 | トラックバック (0)

2012年6月 東京でのイベントが終了しました。


6月2日(土)は、プラーナヤーマ・ワークショップ
ボディサイコセラピー入門講座を東京で行いました。


プラーナヤーマ・ワークショップは、昨年一緒にリトリートを行った
友人の素子さんとの共同開催。


素子さんは、平日は、医師として病院に勤務し
土日は、ご自分のヨガスタジオ ”Yoga & Wellness Chandra”を中心に
ヨガ・インストラクターとして、アシュタンガヨガ、陰ヨガ、
ヨガセラピー、マタニティヨガ、プラーナヤーマなどのクラスを開催されています。


今回は、素子さんの上京に合わせて
プラーナヤーマ・ワークショップを開催しました。


参加者の状態、そして時間帯に相応しい呼吸法を適切に選んで指導をするなど
質の高いワークショップとなりました。


呼吸法は、自律神経に直接作用しますから
信頼できる人から教わる必要があります。


そういう意味で素子さんは、医者としての知識と体験があり
伝統的なプラーナヤーマをインドのTiwariji先生から直接教えを受けてもいるので
教わるには最適な人物です。


今回、参加された方の評判がよいこともありますが
このような質の高いプログラムをより多くの人々に提供したいという気持ちから
今後も、このような機会を提供していきたいと思っています。


ボディサイコセラピー入門講座では、私、贄川が行い
心理的誕生から心理的成長、霊的成長のプロセスから話し始め
そのなかでの心理療法の位置づけと目的を話し
精神分析の催眠療法、自由連想法、抵抗分析の流れから
ボディサイコセラピーの意義を伝えました。


ここから本題に入るところだったのですが
すでに本題に入る前に2時間が経過し、終了時間に(笑)。


急がず、丁寧に進めていきたいと思います。


こちらも今回の参加者が継続を希望されていますので
定期的に開催していこうと思っています。


プラーナヤーマ・ワークショップ、ボディサイコセラピー入門講座に
興味のある方は、メールを戴けたら
開催する際にお知らせいたします。


投稿者 haruki : 2012年06月04日 12:33 | トラックバック (0)

2012年9月 9月以降のイベント情報です

9月以降のイベントのお知らせです。


詳細が決まっていないものもありますが
詳細が決まり次第、アップしていきます。


質問のある方は、お気軽にこちらまでお問い合わせください。


◎9月


 第3回ボディサイコセラピー入門講座

 日 時:9月30日13時30分〜16時30分
 料 金:4,725円(4,500円+消費税)
 講 師:贄川治樹
 場 所:井の頭線永福町駅近辺の予定
 内 容:第1回、第2回と包括的にボディサイコセラピーを座学にて
     学んで頂きましたが、3回目からは身体を通して体験して頂
     きます。原則として、参加者は第1回、第2回のいずれかに
     参加された方を対象とします。


◎10月


 コーチングフェスタ2012 in Tokyo

 http://www.coach-tokyo.org/cf2012/index.html
 日 時:10月14日9時30分〜18時
 料 金:7,500円(一般通常料金)
 講 師:贄川治樹(第1部イベント 心と体 担当)
 場 所:大正大学(都営三田線西巣鴨駅より徒歩2分)
 内 容:第1部でワークショップをさせて頂きます。
     ことばの背景にあるもので響き会う
     〜からだの声を聴き、からだの声を表現し、
      根っこで人と繋がるワークショップ〜


 BIPS 公開ワークショップ
 日 時:10月26日(金)〜10月28日(日)
 料 金:55,000円(消費税込)
 講 師:フランソワ・レヴィン(バイオダイナミックス国際トレーナー)
 場 所:東京23区内
 内 容:バイオダイナミックス入門のワークショップ


◎11月


 日本産業カウンセラー協会 東京支部 月例研究会
 http://www.counselor-tokyo.jp/careerup/semdetail/3483.html
 日 時:11月10日(土)13時30分〜16時30分
 料 金:3,000円(一般料金 消費税込み)
 講 師:贄川治樹
 場 所:日本産業カウンセラー協会 東京支部 日本橋教室
 内 容:ノンバーバル・コミュニケーションをカウンセリングに活かす方法
     〜ボディサイコセラピーのアプローチから〜


投稿者 haruki : 2012年08月25日 12:21 | トラックバック (0)

2012年10月 「コーチング・フェスタ」のお知らせ

10月14日(日)に東京で「コーチング・フェスタ」が開催されます。


コーチングフェスタの目的は『つなげ、つながる場所を創る』こと。


人との出会い、いろいろな考えとの出会い
そして自分や地球の声との出会い、そうした出会いを通じて
あらゆることとの繋がりを生み出す場
それがコーチングフェスタです。


魅力的な講師、講座が目白押しです。


早割は9月14日(金)までですので
ご興味のある方は参加を検討して頂いて
金曜日までにお申し込みください。


私は担当させて頂くのは、1部の体と心をテーマとしたもので
テーマは以下となります。


「ことばの背後にあるもので響き会う
 ~からだの声を聴き、からだの声を表現し
 根っこで人と繋がるワークショップ~」


多くの方にご参加頂きたいイベントです。


投稿者 haruki : 2012年09月11日 09:53 | トラックバック (0)

2012年12月 富山と福井でのイベントのお知らせ

12月22日〜24日の三連休に
アシュタンガヨガ、プラーナヤーマ、ヨガセラピーなどの
クラスを持っている仲間たちと一緒に
富山と福井でイベントを行います。


私は富山では、22日にレクチャー&ミニワークショップと
リズムセラピー(未定)を行い、23日に個人セッションを行います。


富山で行うレクチャー&ミニワークショップは
「愛情を伴った関係を築くためには何が必要か」ということを
理論と体験を通して理解して頂く予定です。


24日は福井で1DAYセミナーを
消化器が専門のドクターである齊藤素子さんと行います。
テーマは「消化管が語る、身体と心の状態(仮)」です。


ヨーガで重要とされるクリヤ(浄化法)は消化管をターゲットにしています。
そのクリヤの重要性と実践方法を
素子さんから解剖学的な専門知識を交えて説明をします。


私からは、ボディサイコセラピーでの消化管の重要性を
多少の体験を入れながら説明します。


ボディサイコセラピーでは消化管を「イドの管」と位置づけます。
イドは精神分析用語ですが、情動や無意識、生命エネルギーと
関連しているものです。それとともに消化管は
「コア/エッセンス」とも関連しています。


そのような重要な消化管の活動を活性化させ
消化管にあるコアの感覚を行動や思考に繋げ
社会のなかで実現していくにはどうしたらいいか、ところまでは
時間がないので、言及しないかもしれませんが
今回は、ボディサイコセラピーの視点から消化管の重要性を
お伝えできればと思っています。


他にも消化管に対する別のアプローチをされている先生が入るかもしれません。


仲間が行うクラスの内容も含め
詳細が決まりましたら、お知らせします。


投稿者 haruki : 2012年10月24日 13:33 | トラックバック (0)

2012年12月 富山と福井でのイベントのお知らせ(2)

12月22日〜24日の三連休に
アシュタンガヨガ、プラーナヤーマ、ヨガセラピーなどの
クラスを持っている仲間たちと一緒に富山と福井でイベントを行いますが
詳細が決まりましたので、お知らせします。


富山でオーガナイズをしてくださっている
Smile Room Lovelyの塚田さんが、ブログに詳細を載せていますので
興味のある方は、ぜひご覧ください。


Smile Room Lovelyのブログ


投稿者 haruki : 2012年12月15日 11:57 | トラックバック (0)

2013年4月 「Music Medicine Japan Tour」のお知らせ


4月に、アメリカの友人であり師匠である
音楽療法士&ソーシャルワーカーのChristine Stevens女史が来日し
ツアーを行います。


彼女の近著「Music Medicine」のプログラムを紹介するツアーです。


「Music Medicine」では、身体のための「リズム」
ハートのための「メロディー」、魂のための「ハーモニー」
マインドのための「サイレンス」、スピリットのための「内なる音楽」と
音楽における各要素を、ヒーリングのためのメディスンとして位置づけています。


Christineは、9.11のグランドゼロや銃乱射事件が起きたコロンバイン高校
戦地となったイラクなど困難な地域を訪れ
そこで生きる多くの人々と音楽を通して関わってきました。


「Music Medicine」は、彼女のそのような体験を通して生まれたプログラムです。
人の心を開き、人とつながり、癒しを促す
ミュージックメディスン・プログラムを体験し、学んでみませんか?


私は音楽療法士ではありませんから、他に適任者がいると思いますが
Christineからのご指名により、今回のツアーの企画制作に携わらせて頂いています。
「Music Medicine」を知れば知るほど、音楽に内在する治癒力を発見します。
このようなことに興味がある方はぜひ、以下のサイトをご覧ください。
そして参加頂けると嬉しいです。


このツアー後に、Christineとの別企画を越後奥寂庵で行う予定です。
そちらは詳細が決まり次第、お知らせします。


http://music-medicine.info/


また、Christineは、1月18日午前2時(日本時間)にインターネットラジオで「Music Medicine」について話をします。「Music Medicine」がどのようなものかを知りたい方は、ぜひお聴きください。日本では深夜になってしまいますが、自分が好きな時に聴くことができますし、ダウンロードも可能のようです。英語が分からない方でも、彼女の声を通して彼女のエネルギーに触れてみてください。


インターネットラジオの告知ページ


投稿者 haruki : 2013年01月17日 09:54 | トラックバック (0)

2013年4月 「インナーサイレンス・リトリート」のお知らせ


ラコタ族のメディスンマンを師匠にもつ音楽療法士の友人、Christineと一緒に4月後半の三連休に越後奥寂庵でリトリートを行います。


彼女の「Music Medicine Japan Tour」の流れとなりますが、リトリートではMusic Medicineのプログラムを行うのではなく、音楽、ボディワーク、自然の力に触れながらマインドを空っぽにし、感受性を高め、インナーサイレンス(内なる静寂)を体験することを目的とします。


身体を解したり、身体を動かしたり、楽器を奏でたり、自然と対話をしたり、瞑想をしたり、ネイティブアメリカンの歌を歌ったりしながら、深くくつろいでいきます。季節は春ですが、まだ残雪があると思います。静けさを体験するにはもってこいです。近くには日本三大薬湯の一つ「松之山温泉」もあります。心身を浄化して深くくつろいでみませんか?


Christineとは毎日のようにメールのやり取りをしていますが、Christineも今からエキサイトしていますので、どうぞお楽しみに! 近日中に詳細を告知します。





投稿者 haruki : 2013年02月20日 17:43 | トラックバック (0)

2013年4月 「Music Medicine Japan Tour」のお知らせ(2)


Music Medicineのプログラムに興味を持ってくださっている方々に
もう少し情報をお伝えします。


今回のMusic Medicineのプログラムでは、講義が全体の30%くらいで
それ以外の時間は、体験して頂く形になります。
3時間のプログラムでは、4つの要素(リズム、メロディ、ハーモニー、サイレンス)を紹介し
それらをセルフケア、音楽療法、ドラムサークルに使用できる技法を学んでいきます。
横浜で行う1日のプログラムでは上記に加え
小さなグループに分けて、お互いにそれらの技法を用いて
グループをリードする体験を持って頂きます。
このファシリテーションの仕方を学び、実習することに多くの時間を使うことが
3時間のプログラムとの違いとなります。


このプログラムは、Christineが今まで学んできたことと体験が
背景となっていることが特徴です。
Christineは、精神分析的音楽療法、即興的音楽療法、心理療法、社会福祉、
霊氣、サイコドラマ、ヘルスリズムスのトレーニングを受けてきて
アルツハイマー、老年学、喪失へのグリーフワーク、精神医学、
ドラッグとアルコール依存、ストレスマネジメント、企業のチームビルディング、
健康増進のリトリートなど、20年以上、音楽療法士として実践を積んできました。


アカデミックな側面と同時に、イラク、南米、アジア、ブラジルなど世界を巡り
音楽をヒーリングに用いるそれぞれの伝統を自分のワークに統合し
現在は、コミュニティビルディングとヒーリングのために音楽を使う
ネイティブアメリカンの長老とともにトレーニングを行っています。
このような背景を持ったChristineが、今回のプログラムをリードします。


最後に私が個人的に感じていることを少しお伝えします。
日本にドラムサークルをもたらしてくれた佐々木薫さんが翻訳した
「ドラミング 〜リズムで癒す心とからだ」でChristineの存在を知り
すぐにChristineにコンタクトをしてから10年になります。
その後、来日するたびに会ったりメールのやり取りをしたりして今日に至りますが
Christineのなかではアカデミックなベースを生かしつつもそれを参加者に感じさせず
「誰のなかにも音楽があり、音楽を創り出す質があること」を分かち合う彼女のハートに
多くの人が魅了されてきたことを見てきました。もちろん、私自身もです。

そのような彼女の素晴らしい質は、悲惨な地域に行き
被災者たちと音楽を通して分かち合うことで
純化されていったように思うのです。
その結果が「Music Medicine」だと思っています。


音楽療法士の方、DCのファシリテーター、心理職、介護職、支援職、
研修職の方、ミュージシャンはもちろんのこと、
自己成長や自己の癒しに興味のある方、音楽を聴くことは好きでも
自分には音楽を奏でる能力がないと思っている方、ただ音楽を楽しみたい方など、
多くの方に彼女の質を感じて頂きたいと思っています。
ぜひ、この機会にご参加頂けたら嬉しいです。


詳細は、こちらから。


投稿者 haruki : 2013年03月08日 11:40 | トラックバック (0)

2013年4月 「インナーサイレンス・リトリート」のお知らせ


Christineと行うインナーサイレンス・リトリートの詳細が
徐々に決まりつつあります。
ご興味のある方はもうしばらくお待ち頂けますでしょうか。


温泉やブナ林散策などを盛り込み、音楽、ボディワークによって
自律神経系のリズムを整えながら、心身をリラックスさせて
静寂を深めていく予定です。お楽しみに!


検討されている方は、予定を立てる必要もあると思いますので
日程と会場を先にお伝えします。画像は、庄屋の家の体験施設です。


日 程:4月27日(土)  12時50分 ほくほく大島駅改札口集合
    4月29日(月祝日)16時30分 同駅改札口解散


   ※推奨電車を利用した場合の東京駅の発着時刻は、
    27日は東京駅10:16発、29日は東京駅20:00着となります。


開催会場:越後奥寂庵/庄屋の家 体験施設の2会場



投稿者 haruki : 2013年03月08日 11:50 | トラックバック (0)

インナーサイレンス・リトリートの詳細


音楽療法士のChristine Stevensとおこなう
インナーサイレンス・リトリートの詳細がようやく決まりました。


興味のある方は、こちらからお入りください。


当日まで1ヶ月半しかないため、お知らせした人から
「行きたいけれどもう予定を入れてしまった」と言われることが多く
「もっと早く詳細を決めて告知ができたら」という思いです。


でも、それだけ時間をかけて内容を練ったものですから
良いものを提供できる自信はあります。


多くの方にご参加頂けたらと思っていますので
「自分は行けないけれど、紹介ならしてもいい」という方が
いらっしゃいましたら、シェアして頂けると嬉しいです。


また、サイトに掲載しているものを印刷してフライヤーにする予定です。
お店やイベント会場などで置いてもいいという方がいらっしゃいましたら
お送りしますので、ご連絡を頂ければ幸いです。


Christineはじめ、強力なチームで場を支えますので
是非とも参加をご検討くださいませ。


投稿者 haruki : 2013年03月14日 23:47 | トラックバック (0)

2103年4月 Music Medicineとリトリート参加検討中の皆さまへ


4月に来日し、Music Medicineのプログラムを東京、名古屋、大阪、札幌、横浜で行い
最後に越後奥寂庵で3日間のリトリートを行うChristine Stevens女史から
ビデオレターが届きました。


すでに申し込まれた方、参加検討中の方は、ぜひご覧ください。



なお、インナーサイレンス・リトリートの早割は3月31日となります。
参加を決められた方は、その期日までに申し込まれると割引料金にて参加できます。


インナーサイレンス・リトリートの詳細は、こちらから。
Music Medicine Japan Tourの詳細は、こちらから。


投稿者 haruki : 2013年03月27日 10:31 | トラックバック (0)

2013年10月 「インナーサイレンス・リトリート 第2弾」のお知らせ


「インナーサイレンス・リトリート 第2弾(仮名称)」を、10月13日から16日のうちの3日間、越後奥寂庵と庄屋の家で開催する可能性が高くなりました。


まだ話を詰めている段階なので詳細はお伝えできませんが、Christine Stevens女史が敬愛し、Music MedicineのPlay Listでも何曲も紹介されているアメリカ人のお二人を越後にお迎えする予定です。彼らは人間として素晴らしいのはもちろんのこと、音楽療法士&アーティストとしても素晴らしいお二人です。ジュリアード音楽院でも講義を持ち、音楽院の先生にも絶賛されています。この時期の越後は、稲刈りが終わり、爽やかで澄んだ空気に満たされています。興味のある方は、詳細が決まるまでこの日程を押さえておいて頂けると嬉しいです。


画像は、去年の10月16日に撮影したものです。このような秋晴れのなか、自然と音楽とサイレンスを堪能してみませんか?


また、9月27日から29日は、ブラジルからRubens Kignel氏を迎えて、東京でBIPSの公開ワークショップを行います。Rubensは20年以上も前から日本でボディサイコセラピーの普及に努めている国際トレーナーです。こちらはボディサイコセラピーに興味のある方にお勧めです。東京で開催する予定ですので通いのワークショップとなります。詳細が決まり次第、お知らせします。


投稿者 haruki : 2013年07月17日 13:43 | トラックバック (0)

2013年11月 「ボディサイコセラピー入門講座 in 札幌」のお知らせ

11月8日から10日にかけて、札幌にして個人セッションとボディサイコセラピー入門講座を行います。今回は、札幌で初めての入門講座となりますので、基礎的な内容を丁寧にお伝えする予定です。からだとこころとの相関関係に興味のある方は、この機会をご利用ください。


詳細は、こちらから。


投稿者 haruki : 2013年09月16日 21:37 | トラックバック (0)

TOP PAGE