書籍紹介「瞑想脳を拓く」


この書籍は、私の友人であるウィマラさんと
彼が共同研究に誘ってくれてから懇意にさせて頂いている
有田秀穂教授との共著です。


私も何度か被験者となり
脳波や脳内血流の流れなどを測定させて頂いていますが
呼吸、思考、感情、知覚などの「主観的体験」と
測定結果という「科学的客観性」を照らし合わせることは
臨床に携わるものとして、とても興味深い体験です。


この書籍の著者である
心身をつなぐ呼吸を科学的に長年研究されてきた有田先生と
ヴィパッサナー瞑想を通して内的体験を積まれてきたウィマラさんとの出会いは
まさに「科学的客観性」と「主観的体験」の出合いであり
このお二人の対談は、科学と宗教、精神医学と臨床心理を
結びつける機会ともなることでしょう。


このお二人は、セロトニン神経について話を進めていきますが
セロトニン神経は、鬱病やパニック障害とも関連する神経でもあるので
臨床心理士やカウンセラーの方々にもぜひ読んで頂きたい書籍です。


難解な解説書ではなく、大変わかりやすいものとなっていますので
専門家だけでなく、健康に興味のある方ならどなたにも、お勧めです。


タイトル 脳生理学があかすブッダのサイエンス 瞑想脳を拓く
出版社  佼成出版社
定 価  1,800円(税別)


投稿者 haruki : 2007年11月29日 11:06 | トラックバック (0)

書籍紹介「すべての美しい闇のために」


私が個人セッションでボディワークをする時に
よくかけている音楽は、私にとって大切な友人である長屋和哉さんの音楽です。


彼の音楽は、私とクライアントさん双方を、深い静寂に導いてくれるもので
感情レベルを越えて、魂に近づけてくれる素晴らしい音楽です。


彼と一緒にいて感じるのは、彼の在り方にはウソがなく
深いところで人に対する限りない優しさがあることです。


それは彼の音楽にも現れています。


「売るための音楽」を作ることや
「人にどう思われるか」ということには興味を示さず
「自分の内奥からの表現のためには妥協を許さない」
という彼の姿を私は観てきました。


実際、彼の音楽を聴いていると
彼の内奥にある静けさと美しさ
そしてそこから滲み出る優しさを感じます。


今回、もともと小説家になりたかった彼が
エッセイ集を出版しました。


このエッセイ集にも、表現方法が違うだけで
彼の音楽と同じ質が流れています。


ぜひ、彼のエッセンスに触れてみてください。


タイトル すべての美しい闇のために
出版社  春秋社
定 価  1,800円(税別)



この機会に彼の音楽も紹介します。


書籍と同じタイトルのCDもありますし、他にも素晴らしいCDはありますが
そのなかでも、私のお気に入りの1枚をご紹介します。


タイトル イリュミナシオン/冥王星
レーベル ame-ambient
定  価 2,500円(税別)


このCDは、彼の音楽性はもちろんのこと
音作りのレベルの高さ、アレンジの素晴らしさを
感じさせてくれる1枚です。


セッションルームでも販売していますし
リンクページに、彼のレーベルを載せていますので
そちらで購入することもできます。


冬の夜、「美しい闇」に触れてみてはいかがでしょうか。


投稿者 haruki : 2007年11月29日 12:20 | トラックバック (0)

書籍紹介「ココロに効く! キレイになる! セロトニン脳トレーニング」


以前、このブログで「瞑想脳を拓く」という書籍を紹介しましたが
今回も、セロトニン神経の第一人者である
有田秀穂教授編著の書籍を紹介します。


この書籍は、「セロトニン神経」についての一般向け教科書として書かれ
どなたにも理解できるように、大変分かりやすく説明されています。


セロトニン神経が機能できなくなると「うつ」になりますが
軽うつの予防や改善には、薬ではなく
セロトニン神経を鍛え直すトレーニングが役立つという
実践的な解説がなされています。


以前から私は、有田秀穂教授と共同研究をさせていただき
私が行なっている「ヘルスリズムス」も
セロトニン神経を活性化するという科学的検証がなされているため
この書籍のなかでトレーニングのひとつとして取り上げられています。


実際、「ヘルスリズムス」の項目は、私が監修していますので
読んで頂けると嬉しいです。



自分が軽うつかもしれないと思っていて
まだ医師にかかっておらず、薬を使っていない人には
特にお勧めの書籍です。


セロトニントレーニングをしてみたい、という方は
ぜひ、リズムセラピー研究所までお問い合わせください。


タイトル ココロに効く! キレイになる! セロトニン脳トレーニング
編 著  東邦大学医学部教授 有田秀穂
出版社  毎日コミュニケーションズ
定 価  1,300円(税別)
発売日  2008年7月16日


投稿者 haruki : 2008年07月13日 00:42 | トラックバック (0)

書籍紹介「からだは嘘をつかない」


7月24日に、ボディサイコセラピーでは
世界的に有名なバイオエナジェティックスの創始者
アレクサンダー・ローエンの書籍が、出版されました。


帯の文章です。


 そうか、身体に聴いてみよう。


 心を〈からだ〉から見なおす療法をつくった精神科医の
 考え方と実践を11の精選レクチャーで紹介。
 怒り、悲しみ、憎しみ、愛 ー 隠された心の声が聞こえてきます。


 「何か」を感じないようにするとき
 多くの人は息を止め、からだのどこかを緊張させます。
 そして呼吸を止めることで、今度は逆に、感情がわからなくなってゆきます。


 うつ、不安、神経症、暴力、失感情として現れる心の背景に
 どんなからだの〈言い分〉があるのでしょうか?


 A・ローエンは、筋肉の緊張として習慣化された感情抑圧のパターンを
 からだのエクササイズを通じて、少しずつほどいてゆきます。


翻訳は、今までもローエンの書籍の翻訳を続けてきた
BIPSのディレクターの一人、国永史子さんです。


彼女は30年間に渡り、ボディサイコセラピーを日本に紹介し続け
その間、ずっとトレーナーの通訳をしてきた人です。
体験としても知識としても、ローエンの言いたいことに精通している人ですから
とても理解しやすい翻訳になっています。


この書籍は、アメリカでもローエンの最新刊です。


バイオエナジェティックス国際研究所が発行する会員向けのパンフレットに掲載され
「ローエンのモノグラフ」と知られていたものの、これまでは一般の人が
読むことはできなかった貴重なレクチャー集に位置づけられる書籍です。


悲惨な事件が新聞を賑わす現在
〈からだ〉の声を聴くことが、どれだけ個人、そして社会を健康にしていくか
ということを理解して頂きたいと思っています。


心理療法やカウンセリングに携わる方はもちろんのこと
医療従事者、教育関係者、福祉関係者など、人と関わる多くの方に
読んで頂きたい書籍です。


タイトル からだは嘘をつかない
     うつ・不安・失感情、〈からだ〉からのアプローチ
著 者  アレクサンダー・ローエン
翻 訳  国永史子
出版社  春秋社
定 価  2,200円(税別)
発売日  2008年7月24日


投稿者 haruki : 2008年07月30日 09:10 | トラックバック (0)

書籍紹介「ウィ・ラ・モラ」


2009年初頭にふさわしい
私の友人である田中千恵さんの本を紹介します。


地位や名誉、金銭などに価値を置く現代社会が崩壊しつつある今
私たち、ひとりひとりにとって「豊かさとは何か」と
自問自答することは、とても大切なことです。


そして、模索しながらも自分なりの答えを見出し
自分の人生を、自己責任で歩んでいくことが
今の時代に求められることではないでしょうか。


そのようなことに意識を向けるとき
この本は、内面に光を灯してくれることでしょう。


この本は、20代の女性がたった一人で
カナダの大自然のなかを旅した貴重な体験談です。


彼女は旅をしながら、自然や動物、人々と出会っていき
その都度、内側に湧き起こる思いと真摯に向き合い
いろんなことを感じ、行動に移していきます。


「誰も頼るものがいない、大自然のなかで
 内側に沸き起こる思いを大切にして
 それをもとに行動に移す」


そう言うことは簡単ですが
実際、どれほどの勇気と信頼が必要なことでしょう。


この本には、そのような体験をすることによって
見えてくる「宝石」が、ちりばめられています。



誰もがこのような一人旅ができるわけではありませんが
彼女には、凄いことをしているという気概などなく
ただ、内面からの欲求に素直に従っているだけのように
私には感じられました。


そのような素直さに、私は惹かれます。


そこには、将来に対する計算や打算などが入る余地はありません。
そのような素直な心が、まさに今の時代には必要に思います。



また、彼女が素晴らしいのは
もしもその場にいたなら、誰もが感じるであろう気持ちを
感じていることなのです。


ある人だけにそなわった特別な能力によって感じられるものではなく
素直に心を開くことによって得られるもの
そういうものこそが、人々に共感と叡智をもたらしてくれるのではないでしょうか。


それが「宝石」なのです。


是非、この「宝石」を味わってみてください。


本に載せられた写真も素晴らしいです。
明大前の東京オフィスに見本を置きますので
ぜひ、手にとってみてください。


タイトル ウィ・ラ・モラ
     オオカミ犬 ウルフィーとの旅路
著 者  田中千恵
出版社  偕成社
定 価  1,800円(税別)
発売日  2009年1月16日


投稿者 haruki : 2009年01月07日 00:18 | トラックバック (0)

雑誌紹介「日経ヘルス プルミエ」


1月23日発売の「日経ヘルス プルミエ 3月号」に
ヘルスリズムスの取材記事が掲載されました。


40代からの肌、体、心の「超リセット術」
という特集のなかで紹介されています。


「もやもや、ウツウツ、いつも気ぜわしい そんなあなたに
 心のオリを捨てて元気になる プルミエ流 心スッキリ術


 感動がない、頭の整理ができない、人生に対する不安や不満
 それは、頭の中が満杯になっているから


 だから一度、捨ててみる! 減らしてみる!」


「雑念を頭の外に出して
 私らしくいきいきした幸せな毎日」のために、ヘルスリズムスが取り上げられました。



日経ヘルスのスタッフが、全く太鼓を叩いたことのない二人の体験者を
昨年12月に連れてこられ、一緒に講座に参加して頂きました。


たった一度きりでしたが、お二人は講座を楽しんでくださいました。


「心のゴチャゴチャが消えて、爽快さが終了後も長く続きました」など
お二人やスタッフの体験談が、記事のなかに出ていますので
お読み頂けたら嬉しいです。



太鼓は、叩けば音が出るものなので、難しくはありませんし
ヘルスリズムスの講座では、譜面もありませんし、宿題もありません。
教室のような技術の向上を目的にしてはいません。


ただ、内側のリズムを感じて、表現することをしています。


内側に備わったリズムに繋がることが私たちには必要です。
なぜなら、生命というのは常にリズミカルに脈動しているからです。


自分のリズムに繋がって叩くことによって、ストレスを発散し
頭が静まり、内側にある生命力や意欲が活性化されます。


これは、体験してみないとわかりません。
ぜひ、体験してみてください。


講座に興味のある方は、以下のページからお入りください。
http://www.rhythmtherapy.jp/class.html


また、この記事をお読みになって、興味が沸いた方は
メールにて、お気軽にお問い合わせください。


お待ちしています。


タイトル 日経ヘルス プルミエ 3月号
発 売  日経BP出版センター
定 価  650円
発売日  2009年1月23日


投稿者 haruki : 2009年01月25日 10:22 | トラックバック (0)

書籍紹介「悩みを聴く技術」


ボディサイコセラピーのなかで、関係性を重視する
イタリアの学派、バイオシステミックスの創始者
医学博士ジェローム・リスの本が、ついに日本で出版されました。


この本の良さは、心理療法やボディサイコセラピーを全く知らなくても
理解できるわかりやすさにあります。


そして、単に言葉を聴く技術だけではなく
身体や感情の声を聴く技術も含まれていることが特徴です。


このような技術は、ボディサイコセラピーを学ぶ場合はもちろん必須ですが
人と関わり人の援助をする方にもぜひ、意識を向けて欲しいものです。


ぜひ、多くの人に読んで貰いたい本です。
東京オフィスには、10冊在庫を用意しています。



「序文」より


 本書は「聴く」ことを通じて、誰かの力になりたいと思っている方々に
 向けた「ガイドブック」です。


 苦しんでいる友人や家族を、元気づけたくて悩みを聴いたつもりが
 ついアドバイスをしてしまったり、自分の体験談を話すだけに終わったり・・・
 なんだかこれでよかったのかなと、後味の悪い思いをしたことはありませんか。

 
 毎日顔を合わせる家族のなかに、つらい思いをしている人がいて
 なんとか力になりたいと思っても、いつもいつも同じ話で疲れ切ってしまった
 そんな方もいるかもしれません。


 本書は、そんな経験のある方たちに向けて書きました。
 聴くことは、よかれという気持ちだけだと、空回りしてしまう要素があります。
 悩んでいる人は、言葉では表せないものに圧倒されていることがあります。
 そのもやもやとしたものを言葉にするのは、簡単ではありません。


 一緒に聴いている人の励ましたいという気持ちが、空回りしてしまったり
 防衛的な受けこたえになりやすいのは、ネガティブな気持ちにどう取り組んだらいいか
 自分自身もよくわからないことが多いからではないでしょうか。


 誰だって暗い気持ちにおそわれるのは辛いものです。
 深い森をともに歩くガイドにはそれだけの知恵と心構え、そして少しの技術が必要です。
 聴くこともやはり同じなのです。


 連れ添うあなたが一緒に迷ってしまわず
 話し手が光のある場所まで歩いていけるように、私たちは何を知ればいいのでしょうか。


 たくさんの知識はいりません。
 本書では、イタリア発の「ディープリスニング」という方法をご紹介します。
 本書の7つのレッスンが、みなさんのお役に立つことを願っています。


タイトル 悩みを聴く技術
     ディープリスニング入門
著 者  ジェローム・リス
翻 訳  国永史子
出版社  春秋社
定 価  1,700円(税別)
発売日  2009年1月31日


投稿者 haruki : 2009年02月19日 17:54 | トラックバック (0)

書籍紹介「脳からストレスを消す技術」


今回も、私が懇意にさせて頂いている
セロトニン神経の第一人者である有田秀穂教授の本を紹介します。


今回の本の特徴は、ストレス耐性をつくる「セロトニン生活」についてだけではなく
たまったストレスを一瞬でリセットすることのできる「号泣」を取り上げていることです。


「号泣」というものは、脳生理学では「共感脳」への血流の増加によって生じ
「号泣」により、交感神経から一瞬にして副交感神経に移行することから
有田教授は、心と身体、そして脳の健康のために「号泣」を勧めています。


結論として「最大の癒しは共感脳が与えてくれる」と述べ
「人との触れ合いが、心を癒す」と
私たちが他者と関わりを持つ意義にも言及しています。


このことは、ボディサイコセラピーの見地とも一致します。


ボディサイコセラピーを「共感脳」という
脳生理学の見地から理解するためのお勧めの一冊です。


タイトル 脳からストレスを消す技術
著 者  東邦大学医学部教授 有田秀穂
出版社  サンマーク出版
定 価  1,400円(税別)


投稿者 haruki : 2009年03月19日 21:23 | トラックバック (0)

2010年11月 雑誌紹介「セラピスト 12月号」


11月7日発売の「セラピスト 12月号」に
リズムセラピーの取材記事が掲載されました。


「音の魅力、癒しの理由 〜サウンド・ヒーリングの秘密を探る〜」
という特集のなかで紹介されています。


「自然発生的なドラミングで
 こだわりを手放し、ナチュラルな自分へ」という見出しで
リズムセラピーが取り上げられました。



また、「サロンの音、ランクアップのヒント」の提案をさせて頂いたり
「音はなぜ人を癒す? 音を知るためのキーワード9」のなかの
「ヒトの発達と対比させて考えてみよう 音と人間の発達」
「リラックスをめぐるリズム 自律神経のサイクル」の二つについて
説明をさせて頂きました。


お買い求め頂けたら嬉しいです。



今回、取り上げられましたリズムセラピーが体験できるのは
定期講座の「ヘルスリズムス」と「セラピューティック・ドラミング」です。


体験参加も可能ですので、ご興味がありましたら
お気軽にご参加ください。


また、この記事をお読みになって、興味が湧いた方は
メールにて、お気軽にお問い合わせください。


お待ちしています。


タイトル セラピスト 12月号
発 売  BABジャパン
定 価  1100円
発売日  2010年11月7日


投稿者 haruki : 2010年11月10日 18:23 | トラックバック (0)

2012年4月 「ミュージック・メディスン(英語版)」発売のお知らせ


ヘルスリズムスの生みの親であり
音楽療法士のクリスティーン・スティーブンスの新刊のお知らせです。


発売予定は6月28日で、日本ではamazonで購入することができます。
今から予約も可能です。


Music Medicine:The Science and Spirit of Healing Yourself With Sound


(注)英語が苦手な方は、当研究所の公開情報ページにて
   クリスティーンの論文を訳したものを、彼女の了承を得て
   いくつか掲載していますので、そちらからお読みください。


【書籍紹介】


なぜ、私たちは、生まれる前にメロディーを認識するのでしょうか?
なぜ、音楽を創り出すことは、ストレスを知らせる遺伝子のスイッチを
実際に切るのでしょうか?


その理由は、音楽は、もっとも深いレベルにおいて私たちの一部だからです。
ですから私たちは、音楽の持つ力を活用し、私たちの生命力を高めるために
どんな特別な才能も練習も必要としないのです。


音楽療法士であるクリスティーン・スティーブンスは、この本のなかで
治癒力を内在する音楽の特性を利用した、科学に基づく実習を満載するなど
多くの情報を提供しています。


クリスティーンは、世界でもっとも困難な場所でヒーリングワークを行ってきましたが
この本で提供されている情報は、豊富な研究とともに
彼女の先駆的なヒーリングワークから得られたものです。


クリスティーンは、以下の発見へと読者を誘います。


音楽における四大元素へのアクセス
 身体へのクスリとしてのリズム、ハートのためのメロディー、
 魂のためのハーモニー、マインドのための静寂


なぜ、音楽を創り出すことは、私たちの治癒力や変化する能力を促進するのか


治癒のためのプレイリスト
 各章ではそれぞれ、価値あるダウンロード情報と
 ヒーリングミュージック選集のリンク先を紹介します。


ドラムによるマッサージ、自分自身を力づける歌の作り方、全身での聴き方、
 その他効果的で楽しい実習


「音楽は私たちを楽しみませる以上に、多くを行うことができる」ことを
クリスティーンは体験を通して学んできました。その体験をもとに
徹底的に研究され、誰もがアクセス可能な、実践的なガイドを提供します。


セラピスト、ヒーリングの施術者、演奏家
そして健康と精神的成長のための音楽に興味のある方にお勧めの本です。


【著者略歴】



クリスティーン・スティーブンス(Christine Stevens)


社会福祉学修士(MSW)、米国音楽療法協会認定音楽療法士(MT-BC)


著者、音楽療法士、講演者として国際的に認められているUpBeat Drum Circlesの創始者。
アメリカのテレビ放送局のNBC、CBS、PBSに出演。
フォーチュン誌が選ぶ全米上位500社の多くの企業でプログラムを提供するとともに
銃乱射事件のあったコロンバイン高校生、
9.11の同時多発テロ事件の跡地グラウンドゼロでの子供達、
ニューオリンズに起きたハリケーン「カトリーナ」で被災した遺族、
イラクでの遺族などとともにドラミングを行う。


著書として「The Healing Drum Kit」(Sounds True 2005年)
「The Art and Heart of Drum Circles」(Hal Leonard 2003年・日本語版 ATN社)がある。


現在、南カリフォルニア在住。詳しくは、updrumcircles.comへ。


投稿者 haruki : 2012年04月09日 10:53 | トラックバック (0)

2012年5月 「婦人公論」に体験談が掲載されました


本日5月7日発売の「婦人公論」(5月22日号)に
リズムセラピーの体験談が掲載されています。


タイトルは、「体験ルポ セロトニン道場で揺れやすい自分に活を入れる」で
副題は、「感情のコントロールを円滑にするセロトニン神経を鍛える方法を
     実地で教わりました」です。


セロトニン研究の日本での第一人者、有田秀穂代表のインタビューとともに
リズムセラピーの体験談が載っていますので
興味のある方はお買い求め頂けると嬉しいです。


セロトニン道場では、ヨガ、アロマ、丹田呼吸法など
いろいろな実技を行っていますが
僕が担当するリズムセラピーでは
セロトニン活性のために効果のあるエクササイズを
ボディサイコセラピー、パーカッション、ボディワークから選んで行っています。


セロトニン道場で行っているリズムセラピーに興味のある方は
セロトニン道場までご連絡ください。


内容に関しては、当研究所にご連絡を頂いてもけっこうです。


セロトニン道場のアドレスは、こちらから。
リズムセラピー研究所のアドレスは、こちらから。


投稿者 haruki : 2012年05月07日 19:33 | トラックバック (0)

2012年8月 「ミュージック・メディスン」発売のお知らせ


以前にもご紹介しましたが、私の師匠でもあり友人でもある
音楽療法士のクリスティーンが、アメリカで本を出版しました。


タイトルは「Music Medicine:The Science and
Spirit of Healing yourself with Sound」です。


この本では、170以上もの研究からの引用、
40を越える誘導実習が提供され
各章に添えられたプレイリストには
60を越えるミュージック選集が紹介されています。


モーツァルト効果を世界で広めた第一人者であるドン・キャンベル氏と
自己治癒力に取り組む医師であるバーニー・シーゲル博士は
推薦文にこう書いています。


「ミュージックメディスンは、私たちを目覚めさせたり
 気持ちを静めたり、踊らせたり、静寂にさせる音の合間を
 自由に行き来する道路のようだ。(ドン・キャンベル)」


「クリスティーンのそれぞれのレッスンは
 私に楽器になること、私自身の歌の歌い手になることを
 助けてくれる。(バーニー・シーゲル博士)」


英語ではありますが、クリスティーン本人から
ミュージック・メディスンの紹介が
YouTubeにありますので観てみてください。



投稿者 haruki : 2012年08月02日 12:55 | トラックバック (0)

TOP PAGE