« 2012年02月 | メイン | 2012年04月 »

2012年4月 「大阪での個人セッション」のお知らせ

4月5日(木)〜6日(金)に、大阪で個人セッションを行います。


すでに6名の方からお申込みがありますが、希望者が増えるようであれば
4日も個人セッションを行います。


セッションの日時はこれから決めますので
セッション希望の方は、4日〜6日のうち、午前、午後、夜間のなかから
第3希望までお知らせください。


セッション会場は、JR環状線福島駅から徒歩3分のマンションです。
大阪でのセッションは、外会場をお借りするために
個人セッションの枠組みが、東京オフィス、八ヶ岳セラピースペース緋彩
越後奥寂庵とは少し異なります。


ご了承ください。


詳細をお知りになりたい方は、お気軽にお問い合わせください。


連絡先は、こちらから。


投稿者 haruki : 2012年03月07日 00:30 | トラックバック (0)

2012年3月 雪だるま財団主催「リズムセラピー体験と昼食会」のご報告


3月18日に、上越市安塚区にあるスキー場「キューピットバレイ」に隣接する
雪だるま温泉 雪の湯にて、リズムセラピー体験&昼食会が行われました。


この模様は、越後奥寂庵だよりにアップしてあります。
よろしければ、ご覧ください。


これから徐々に、越後奥寂庵での活動、その地域での活動を拡げていきますので
お楽しみに!


投稿者 haruki : 2012年03月22日 13:35 | トラックバック (0)

2012年3月 「国立市介護予防教室」後期終了


3月21日に、今年1月4日からスタートした介護予防教室が終了しました。


今回の教室は、「ノリ」に意識を向けました。
同じテンポで、重たいリズム、軽快なリズムを見事に皆さんが刻まれ
同じテンポとは思えないくらいのリズム感、グルーヴ感を体験して頂きました。


最終回の最後のグループ・ドラミングでは、皆さんが力強いリズムを刻み
最後に皆さんが仰っていましたが、皆さんの気持ちが一つになった体験でした。


今回は雪のため、10回目がお休みとなったため
11回しかありませんでしたが
本当に、太鼓を通して皆さんが意識を共有した教室でした。



最後の瞑想が終わったとき
ある参加者がこう言われて、歌い始めました。


「最後の瞑想の時間、リラックスしていましたら
 60年前、12歳の時に私が作詞作曲した歌を思い出したのです。
 今まで50年間は全く思い出すことのなかった歌が
 瞑想の時間に断片的に少しずつ思い出され
 最後にすべて思い出すことができたのです。
 ですから、皆さんの前で歌いたいのですが、よろしいですか?」


その歌の歌詞、メロディー、その方の想いが伝わってきて
私も含め、参加者全員が感動しました。


場全体の意識が高揚し、愛と希望で満たされている感じでした。



このことから、太鼓の持つ力、音楽の持つ力を考えざるを得ませんでした。


リズムとドラミングの力によって、深いところで意識や気持ちが分かち合われ
ドラミングの後は、安心感のなかで深くリラックスし、頭が空っぽになるために
記憶や気持ちが浮上しやすいのです。


まだ私も言葉になりませんが、あらためてリズムとドラミングの力について
考えていきたいと思いました。


投稿者 haruki : 2012年03月22日 13:41 | トラックバック (0)

2012年3月 「国立市介護予防教室」交流会が終わりました。


3月26日に、2007年から継続している
介護予防教室の交流会を行いました。


1年に前期後期と2期、開催してきましたから
この5年間で10期(各12回)行ったことになります。


今回は、5年前に初めて参加された方から
先週終わったばかりの方まで、31名の方が交流会に参加されました。


久しぶりにお会いする方も多く
感慨深い気持ちとともにスタートしました。



参加者の方々は、同期以外では、知らない方が殆どだったのですが
皆さん12回、リズムを刻んだ経験がありますから
最初からグループが同調して、楽しく温かい雰囲気でした。


驚いたのは、グループ・ドラミング。


3〜4年間、太鼓を叩いていない方も多いのに
叩き出してから、あっという間にリズムが同調し
心地の良いリズムを刻みました。


しかも、目を閉じて25分間、ノンファシリテーションで
皆さん音に集中して、同じテンポで心地の良いリズムを叩き続きました。


それが終わって、「25分間経っていたんですよ」と伝えると
「そんなに時間が経ったなんて・・・」と皆さん、驚いていました。


それだけ集中していたということです。


素晴らしい!



リズムは、関係性の土台となるものです。


母子関係では、お母さんと赤ちゃんのリズムの同調が起きることで
絆が育まれ、赤ちゃんは安心感を感じることができます。


大人も同じように、関係性のなかでリズムの同調が起きることで
絆が生まれ、一体感が生じます。


世界観、価値観、人生観が異なっていても
人間としての繋がりを感じることができるのは
価値観が多様化している現代には、必要なことではないでしょうか。


今回の交流会が参加者にとって
出会いの場となったことを願ってやみません。


投稿者 haruki : 2012年03月27日 00:37 | トラックバック (0)

2012年4月 映画「降りてゆく生き方」のご案内


友人から紹介された映画「降りてゆく生き方」のご案内です。


まだ、私が観ていないのにこのブログで紹介することには抵抗がありますが
普通の上映とは違い、なかなか観る機会がないと思い、紹介させて頂きます。


自分自身のリズムで生きるために、参考になる映画だと思いますし
地域活性に興味のある方にもお勧めです。


また、越後奥寂庵がある越後の風景を堪能することもできます。


この動画をご覧になって、ご興味を持たれた方は
降りてゆく生き方 公式サイトにアクセスしてみてください。
4月に渋谷で上映会があります。


以下は、公式サイトに紹介されていますシナリオ開発インタビューです。





投稿者 haruki : 2012年03月31日 14:28 | トラックバック (0)

TOP PAGE