« 2011年11月 | メイン | 2012年02月 »

2011年11月 「クリスティーンのYouTube」

先日、友人であり先生でもある音楽療法士の
クリスティーン・スティーブンスの論文をアップしましたが
彼女の雰囲気を感じて貰いたいと思い
彼女のYouTubeを紹介します。


彼女は吟遊詩人のように
どこに行っても、音楽とともに居ます。




投稿者 haruki : 2011年12月04日 17:59 | トラックバック (0)

2011年12月 「国立市介護予防教室」前期終了


12月26日に、数年前から行っている国立市介護予防教室の
今年度前期の最終日を迎えました。


年の瀬が押し迫ったこともあり
サポートメンバーのピアノの先生、大山さんと
24名の参加者のうち7名が欠席だったので
少し寂しさを持ってスタートしました。


でも、始まってみれば、人数の少なさを感じないほどの熱気と笑いが起き
あっという間の1時間30分でした。


皆さん、12回しか太鼓に触れていないにもかかわらず
内側からどんどんリズムが出てくるようになりました。


特に今日は、感情を太鼓で表現して貰いましたが
全員からいろいろな感情が表現され、場がひとつになり
皆さんと気持ちを共有する幸せな時間となりました。



たった12回しかお会いしていないにもかかわらず
全員と深くでつながっている感覚が生じるのは
リズムの素晴らしいところです。


皆さんが「今ここ」に起きていることに意識を向けて
無心になってリズムを刻む・・・。


その姿、その音が、テクニックを越えた意識の場を創り出すのです。


参加者の感想を少し紹介します。


「これほど心に作用するものとは思っていませんでした。」


「この時間全てが癒しでした。」


「まだやれることがある、という気持ちになりました。」


「言葉にしなくても、太鼓で表現できることがあるというのは大きな発見でした。」



終わってから、雑談をしながら片付けをしているときに
最後に記念撮影をすることになり、残っている方達と写真を撮りました。


素敵なメンバーでした!


さて、後期は1月4日に始まります。
新年に、新しい参加者でイチからのスタートです。


すでに23名の方が申し込まれています。


どんな出会いがあることでしょう!


楽しみです。


また、来年度は、他の自治体でも介護予防教室をすることになりそうです。


人生の先輩方の健康維持と増進、そしてコミュニティづくりのために
自分の力を活かすことができるのは、何より嬉しいことです。


投稿者 haruki : 2011年12月28日 19:11 | トラックバック (0)

TOP PAGE