« 2011年10月 | メイン | 2011年12月 »

2011年11月 「富山と魚津での講座」のお知らせ


2011年11月18日から20日まで、富山県にある富山市と魚津市で
個人セッション、個別カウンセリング、リズムセラピークラス
親子関係の心理作用講習会などを行います。


今回も、越後奥寂庵リトリートを一緒に行ったチームで
それぞれが、クラスや講習会を持ちます。


間近に迫ってからのお知らせとなりますが
近隣で興味のある方は、ぜひいらしてください。


チームが行うクラスや講習会のご案内は、こちらから!


魚津で行うリズムセラピーのフライヤーは、こちらから!


リズムセラピーの効果については、こちらを参照ください。


詳細は、リズムセラピー研究所、もしくはSmile Room Lovelyまで
お問い合わせください。


投稿者 haruki : 2011年11月10日 23:41 | トラックバック (0)

2011年11月 「富山と魚津での講座」が終わりました


富山と魚津に滞在した2日半で
個人セッションを6セッション、母子関係の講習会とリズムセラピーを行ってきました。


毎晩、遅くまでミーティングがあったので、睡眠不足でしたし
日中もハードスケジュールでしたが
新たな出会いもあり、幸せな時間でした。


オーガナイズをしてくれた塚田さん、ありがとうございました。


そして、個人セッションをさせて頂いた3会場とも
落ち着ける空間だったので、気持ちよくセッションに集中できました。


富山市郊外の梨畑のなかにあるカフェ「竹花」(挿入写真はすべて竹花です)
富山市中心部の総曲輪にあるヨガスタジオ「UNION
富山市郊外にあるテニススクール「センティア WEST


リズムセラピーを開催した魚津学びの森
静かな森のなかにあり、気持ちが良かったです。


快く施設を使わせてくださったオーナーやコーチに感謝です。


何より、今回、いらしてくださった方々に感謝です。


個人セッションの体験談を
ヨガ・インストラクターのてるさんがブログに書いてくださいましたので
よかったら覗いてみてください。


今回の出会いを大切にして、今後の富山と魚津での展開を考えたいと思っています。


富山の皆さん、楽しみにしていてください。



昨夜、UNIONでの個人セッションが終わってからミーティングをして
夜、東京まで走行距離450キロの長距離ドライブに向けて、出発。


7時間以上かかり、夜中2時30分に無事東京に着きました。
その間、サービスエリアでの休憩は1箇所のみ。


運転は、「今」の瞬間に集中し、覚めた意識状態が続くので
僕にとって長距離ドライブは、苦痛ではなく、好きな時間なのです。


ただ、今回は予想外のことが途中で起きました。


それは、タイヤのパンク。


今日は朝から、自治体の介護予防教室があり
その後は個人セッションが詰まっていたので
少しでも東京に早くに着いて、睡眠を取りたいと思っていましたから
心のなかで、思わず言葉が浮かびました。


「なんでよりによって、このタイミングでパンクなんだ。」



結局、3時間しか眠れませんでしたが
気持ちよく介護予防教室と個人セッションをこなし
その後、山梨までドライブをしてきました。


その時、高速道路の表示板を観て驚きました。


なんと昨日走ってきた高速道路の一部が、雨のために通行止めになっていて
なおかつ雪のため、チェーン規制もあったのです。


もし一日ずれていたら、富山から帰ってくることはできませんでした。


雨による通行止めがなくても、まだスタッドレスに交換していないので
きっと立ち往生していたことでしょう。


昨日はパンクはしたけれど、帰ってくることができましたから
幸運だったんだと思えました。


人間万事塞翁が馬ですね。


投稿者 haruki : 2011年11月22日 00:06 | トラックバック (0)

2011年11月 「ボディワーク体験談」


今年6月からご縁があり、ヨガ関連の方々と
ご一緒する機会が多くなりました。


今回の富山での個人セッションでも
ヨガをされている方が多くなりました。


ヨガに限らず、日常で身体と心の動きに意識を向けている方が
ボディワークを受けられるのは、嬉しいことです。


なぜなら、ボディワークによって
身体のなかに作られたスペースを活かすには
日常でそのスペースの活かし方に目を向ける必要があるからです。


今回、ヨガインストラクターのてるさんの体験談を紹介させて頂きましたが
先ほど、同じく今回の富山でボディワークを受けられた方が
ブログに体験談を載せてくださいました。


9月に福井で受けてくださった素子さんの体験談も
もう一度、ご紹介させて頂きます。


ボディワークにご興味のある方は、体験談を覗いてみてください。
特にヨガをされている方に読んで頂けると嬉しいです。


さくらさんの体験談:こころとからだ


てるさんの体験談:ボディワーク


素子さんの体験談:ボディワーク後の変化:各アーサナ毎の感想
         ボディワーク後の変化:続き


僕も少しずつヨガを体験し
ヨギーの方々に対して、より適切なボディワークができるよう
精進したいと思っています。


どうぞ、よろしくお願いします。


投稿者 haruki : 2011年11月22日 23:30 | トラックバック (0)

2011年11月 「静寂に至るためのドラミング」


公開情報に私の友人であり、先生でもあるクリスティーンの論文
静寂に至るためのドラミング」をアップしました。


私は、グループ・ドラミングは、ヘルスリズムスを中心にを展開していますが
誤解を怖れずに表現するなら、私はドラミングのためというより
静寂を体験するためにドラミングを使っています。


ドラミングと静寂は、どちらが良いということではもちろんありません。


自律神経系で説明するなら
ドラミングは交感神経系に属し、静寂は副交感神経系に属します。


この両方ともが大事なものですが
交感神経系を高めることによって、副交感神経系は深まるのです。


大量消費社会が限界に来ている今
何かを成し遂げ、何かを手に入れる目的達成志向の豊かさだけではなく
何もしないなかで感じる豊かさに目を向ける必要があると思っています。


別な言い方をするなら、ドーパミン的な意識からセロトニン的な意識に
価値を移すことです。


そのためには、満たされた静寂を体感することが
大事なのではないでしょうか。


クリスティーンの論文は、この静寂さを感じるためのヒントが
具体的に記されています。


ぜひ、お読みください。


投稿者 haruki : 2011年11月23日 12:13 | トラックバック (0)

2011年11月 「ハーモニーのビート」


公開情報に私の友人であり、先生でもあるクリスティーンの論文
ハーモニーのビート」をアップしました。


この論文は、がん患者とのドラミングについて書かれたものです。


ヘルスリズムスは、神経免疫学者であるバリー・ビットマン博士と
音楽療法士のクリスティーン・スティーブンスによって開発された
科学的研究に基づいた健康増進プログラムです。


研究の結果、この論文にもあるように
がん細胞を探し出して破壊するNK細胞の活性が認められています。


実際、私がヘルスリズムスを行っている
自治体の介護予防教室に、継続して参加された方から
笑顔で、こう言われたことがあります。


「この教室に通うようになって、長い間、全く変わらなかった
 腫瘍マーカーの数値が減少したのです。
 ずっと不安を抱えていましたから、本当に嬉しいです。」


この方の場合、介入前後で検査をしたわけではありませんから
ヘルスリズムスの効果だとは断言できません。


しかし、たくさん笑い、不安や緊張など様々な想いをドラミングによって解放し
人と繋がり、励まし励まされ、生きる意欲が高まることは
免疫活性の可能性を秘めているのではないでしょうか。


ドラミングは、昔からヒーリングに使われてきました。


ヘルスリズムスは、現代人に合わせたプログラムですが
ドラミングによって、私たちの内側に眠っている
太古から受け継いできたリズムが溢れてくることでしょう。


興味のある方は、こちらにメールをお送りください。


体験参加可能なクラス開催日をお知らせします。


投稿者 haruki : 2011年11月23日 16:13 | トラックバック (0)

TOP PAGE