« 2011年09月 | メイン | 2011年11月 »

2011年10月 「BIPS 公開ワークショップ」のお知らせ

10月29日(土)、30日(日)に
以前、好評だったバイオダイナミックスの公開ワークショップを
急遽行うことにしました。


バイオダイナミックスは、安心感のなかで
繊細なマッサージによって身体が寛いでいくことを通して
自分自身の内側にあるコアに触れていく女性的な繊細なワークです。


一般の方はもちろんのこと、カウンセラーなど心理の専門家
アロマテラピストなど身体の専門家も大歓迎です。


*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *


BIPS 公開ワークショップ


バイオダイナミックス入門


日 時:2011年10月29日(土)13時開始
          10月30日(日)17時終了
      ※ 2日間の通いのワークショップです。


テーマ:バイオダイナミックスのセラピーを通して
     コアエネルギーを目覚めさせ、修復させよう。


会 場:満寿多旅館 和室
     東京都中央区日本橋人形町1−1−13
     営団地下鉄半蔵門線 水天宮駅8番出口より徒歩5分


参加費:39,900円(38,000円+消費税)


定 員:16名


問合せ、および申込先BIPS事務局


内 容


 バイオダイナミックスによる
 コアエネルギーの目ざめへのアプローチ


 ライヒ派のボディサイコセラピーの祖、ウイルヘルム・ライヒは
 社会規範、ブロック、性格防衛、そして「体の鎧」の下に
 生き生きと自然にわきあがる、人が生まれながらに持っている
 愛に満ちた「コア」が失われずに残っていることを教えました。


 ライヒ派の流れをくむノルウェーのゲルダ・ボイスンは
 この「コア」を解放する多くのテクニックを開拓し
 それをバイオダイナミックスとなずけました。


 バイオダイナミックスではこの「コア」を「一次的人格」と言いますが
 さまざまなタッチ、呼吸、動き、そして「誰かの存在」を使いながら
 これを解放していきます。


 「コア」エネルギーは感情と密接に関連しており
 感じている自己の中に現れ、表現される「内面のエッセンス」と言えるでしょう。


 バイオダイナミックスでは、その人自身の生きた「コア」から
 輝き出る「内側の衝動」を見つけ、それに従い、沿いながら解放していきます。


 この過程で、私たちは人格の内部に、そして外の世界とのかかわりの中に
 徐々に調和を取り戻し、自己の変容が促進されます。


投稿者 haruki : 2011年10月04日 09:50 | トラックバック (0)

TOP PAGE