« 2011年12月 | メイン | 2012年02月 »

謹賀新年


新年、あけましておめでとうございます。


今年1年が、皆さまにとって素敵な1年となりますように。


昨年は、長野県北部地震によって、越後奥寂庵が被災してしまいましたが
補修工事終了後の夏に、無事、第1回リトリートを行うことができました。


それは、今から振り返ってみても、感慨深いものがあります。


1回目だったので反省点もありますが
主催したスタッフはもちろんのこと、参加された皆さんにとっても
楽しく有意義なリトリートとなったので
その流れで昨年末に、もう一度リトリートを行う予定でいました。


しかし、これから越後の地で、着実に活動を展開していくためには
まずは越後という大地に根を下ろすことが必要だという思いに至り
リトリートを延期することにしました。


昨年中に、お知らせをすることができず
楽しみにしていた方には、お詫びいたします。


地元で着実に活動を展開するためには
地元の方々に、越後奥寂庵の活動を理解して頂くことがとても大事になります。
そのために、今後いろいろとお世話になる
公益財団 ゆきだるま財団の理事長さんに相談をした結果
まずは地元の方々に対してプログラムを提供することにしました。


3月:ゆきだるま財団会員の集いでのリズムセラピー
4月:地元の自治体、住民に対するプログラム紹介&体験会


このイベント後に、リトリートを始めていく予定です。
この2回のイベントで、地元の方々と今まで以上に交流ができるでしょうし
いろいろとアイディアが湧いてくると思います。


さらに良い環境と、さらに良いプログラムを提供できる予感がしていますので
楽しみにお待ちください。


詳細が決まりましたら、この「越後奥寂庵だより」にアップします。


よろしくお願いいたします。



2月には、上越市安塚区と大島区で雪の祭典があります。


とても幻想的な空間になりますので
ご興味のある方は、ぜひ体験してみることをお勧めします。


いつか、このイベントに合わせて、リトリートを開催したいと思っています。


安塚区キャンドルロード



大島区雪ほたるロード



投稿者 haruki : 2012年01月08日 18:50 | トラックバック (0)

観てみたい映画「ふみ子の海」


以前から観てみたい映画がある。


その映画とは「ふみ子の海」。


この映画は、上越市が舞台で
映画のロケでは、越後奥寂庵のある大島区の飯田邸も使われたこともあり
以前から着目していた。


以前は、公式サイトには「ふみ子の海」をDVD化する予定であると
書かれていたので、楽しみに待っていた。


最近、サイトを訪れたが、DVD化についての情報は載らなくなってしまった。
ということは、DVDにはならないのだろう。


可能性としては、映像を借りて自主上映をするしかないようである。


とても残念である。


原作の「ふみ子の海」(理論社)からはまだ発売中なので
本を読んでみるかな。


上の画像は、越後奥寂庵の近くにある、飯田邸。
2年前の雪ほたるロード中に撮影したものである。


飯田邸で、「ふみ子の海」の瞽女(ごぜ)のシーンの撮影が行われた。


「ふみ子の海」の公式サイトをぜひ、お訪ねください。
そして、予告編をYouTubeで見つけたので、ご覧ください。



投稿者 haruki : 2012年01月10日 20:47 | トラックバック (0)

TOP PAGE