« 2012年05月 | メイン | 2014年01月 »

畑の彩り


最近、畑では、ツルナシインゲン、オクラ、韓国唐辛子、
サツマイモ、チンゲンサイ、ルッコラを植え
育ってきたところで、チンゲンサイとルッコラは間引きをしている。


広いと思っていた畑が
もう植える場所がなくなってきたので、狭く感じてきた。


昨年秋に植えたニンニクを収穫すれば
1〜2畝空くので、そこには秋野菜を植えよう。


畑を始めてから3年目。
昨年は、震災の影響で畑をする余裕がなかったけれど
それでも着実に、農作業が身についてきている感じがする。


今年は、耕耘機を手に入れたのは大きい。
しかし、最初は分からないことだらけだった農作業が
経験を重ねることで、手早くこなせるようになったことの方が嬉しい。



畑のなかで一際元気なのは、ズッキーニ。


朝になると、日光を待ちわびていたかのように
星形の黄色い花が開く。


実はまだ小ぶりだけれど、それでもとても美味しく戴ける。



畑は完全無農薬栽培なので
害虫を寄りつきにくくするために
マリーゴールドなどのコンパニオン・プランツを植えている。


今は、除虫菊が綺麗に咲いている。


畑に花が咲くと、地味な畑が華やかになるのは、一石二鳥である。


投稿者 haruki : 2012年06月08日 09:14

農作業三昧


越後奥寂庵で2日間、農作業をして
その後、森の生活に戻り、2日間農作業をした。


日常生活のなかで農作業が占める割合が確実に増えている。


それは何より嬉しいこと。


あれこれ考えずに、身体を動かし土に触れる。


農作業が終わると、お腹が空き
ご飯を美味しく戴く。


食べ終わると、睡魔がやってくる。


そのような生活のリズム、身体のリズムは
何事にも代え難いものかもしれない。



投稿者 haruki : 2012年06月21日 22:42

TOP PAGE