« 2012年03月 | メイン | 2012年06月 »

自給自足を目指して


昨年は、東京オフィスの引っ越しなどで忙しく
畑にエネルギーを注ぐことができなかったが
今年は、せめて野菜だけでも自給自足に近い状態にしたいと思い
中古の耕耘機を購入し、農作業に励んでいる。


昨年までは万能鍬を使って耕していたが
人力では、毎日農作業ができないと限界がある。


耕耘機があると、楽に耕せるし
耕作面積が格段に拡がった。



ゴールデンウィーク中に、キュウリ、トマト、トウモロコシ、長ネギ
ピーマン、シシトウ、ナス、ジャガイモ、ズッキーニ、ハーブ類を植え
もう少し暖かくなったら、オクラ、ツルナシインゲン、ショウガ
ルッコラ、チンゲンサイなどを植える予定。



完全無農薬はもちろんのこと、自然栽培を目指しているので
動物性有機肥料は最小限にして、植物性有機肥料をメインに施した。


メインと言ってもかなり少なめ。


これでどのくらい収穫できるだろう。
少し不安だけれど、楽しみだ。




農作業の休憩に、水分を補給してひと休憩。


この時期は、風が爽やかで心地がいいし
新緑の山々の風景にも心が洗われる。


農作業をしていると、いろんなことに気づくし
人間にも当てはまることが、思っている以上に多い。


人間も自然の一部なので、当然と言えば当然なのだろう。


投稿者 haruki : 2012年05月15日 15:35

農作業の恩恵


ゴールデンウィーク以降、東京で仕事がある以外は、農作業に励んでいる。
農作業をした翌朝は、全身筋肉痛になっている。


でも、畑に出て行くと身体がどんどん動き
日に日に身体が軽くなり、心身が元気になっているのを実感する。


農作業は、グラウンディング、身体構造、
筋肉と呼吸を活性化させること、忍耐力を学ぶことに、とても役立つ。


農作業を療法的に用いる園芸療法があることがよく分かる。



もちろん、完熟野菜が収穫できることは、何より幸せなこと。


もうすぐズッキーニの収穫が始まるのが、楽しみだ。


投稿者 haruki : 2012年05月30日 00:18

TOP PAGE