« トラクターの威力 | メイン | 体得するということ »

土との触れ合い


この3ヶ月、「森の生活」も、「越後奥寂庵だより」も
読んでくださっている方には申し訳ないと思いつつ
更新できなかった。


それは休みになると、ほとんど外にいるために
パソコン離れをしているから。


森では朝から日が暮れるまで畑に出ているし
越後では、やはり朝から日が暮れるまで敷地の草刈りのため刈払機を担いでいる。


ニッカボッカに地下足袋を履き、足首に脚絆を巻き付けて
首には濡れたタオルを巻いてTシャツのなかに入れ
軍手をはめるのが、休日スタイル。


いずれにしても土と触れ合いながら
身体を動かすのは気持ちがいい。



いざ畑を始めてみると知らないことばかり。
地元の農家の方をはじめ、通りすがりの諸先輩方に相談しながらも
試行錯誤の連続だ。


みなさんからは、温かい言葉をかけて頂いているが
内心、「なにをやっているんだろう」と思われていることだろう。


それでも、畑を介して
地元の方々と交流できるのは嬉しい。



無農薬有機栽培で行っているので
この1年は何でも実験だという気持ちでいるが
先日、通りかかった地元の方にこう言われた。


「もう60年以上も農業をしているが、毎年ほやほやの1年生だよ。
 昨年うまくいったからといって、今年同じことをしても
 うまくいくとは限らない。
 なんといってもお天道様次第だからね。
 農業は奥が深いんだよ。」



「毎年、実験になるのか」と思うと気が遠くなるけれど
それだけ面白いとも言える。


そのように実験として始めたけれど
収穫してみると予想以上に採れて、消費するのに大変。


しかも、甘かったり、柔らかいのにしっかりしていたり
香りが強かったりと、本当に美味しくて幸せになる。



この3ヶ月で作った野菜は、以下の通り。


ミニトマト、大玉トマト、きゅうり
長なす、水なす、普通のなす
ピーマン、セニョリータ、バナナピーマン、万願寺、唐辛子
トウモロコシ2種類、長ネギ、シソ、バジル
枝豆、チンゲンサイ、ルッコラ



昨日は、終わった夏野菜を抜いて、完熟堆肥と有機肥料をすき入れ
土を作っていたところには、秋冬野菜の植え込みを始めた。


キャベツ、白菜、レタス
ブロッコリー、スティックセニョール、オレンジカリフラワー


これからも時間が許す限り、いろいろと植えていこう。




投稿者 haruki : 2010年09月02日 12:12

TOP PAGE