« 2009年05月 | メイン | 2010年02月 »

元旦の誓い


年明けてすぐに、近所の神社まで車を走らす。


真夜中に集落を抜けて、山麓にある神社に向かうが
他に車は見あたらない。


神社に行っても、誰もいなくて真っ暗かもしれないと不安になったが
実際に行ってみると、地元の方々が20人ほど集まっていた。


初詣をして、ふと見上げると
満月だった。


おみくじを引き
ふるまわれた甘酒を嗜む。


良い時間だった。



昨年末、1年間のスケジュール帳と日記を振り返ってみたら
1年間殆ど休まずに馬車馬のように働いてきたことに
あらためて気づく。


気持ちのなかでは
対処できなかったことが多かったと、自分を責めていたが
スケジュール帳を眺め
風邪も引かずに、よくもまあ、ここまで頑張れたものだと、思い直した。


これ以上、働くことは無理だった。


昨年は、このエッセイを書くにも
時間的にも気持ちの上でも余裕がなかった。


今年は、少しでいいから自分にゆとりを与えて
音楽や自然を深く味わったり、自然と対話しながら写真を撮ったりと
魂に滋養を与えようと、元旦に誓った。


投稿者 haruki : 2010年01月05日 23:23

TOP PAGE