« 2007年01月 | メイン | 2007年03月 »

味噌造り


今日は、近所の人達と味噌を造った。
否、味噌を仕込んだと言う方が正しい。


水に漬けた14キロの大豆を、地元の農家から借りた大釜で煮炊きし
ミンチ状に潰し、軽トラの荷台に養生シートを敷き、その上に拡げて冷ます。
冷えてから米麹、麦麹と塩を撒き、念入りにかき混ぜる。
そして一旦団子状にこねてから、樽に空気を入れないように詰め
焼酎を噴き、最後に塩をふってラップをかけて終了。


この作業を、2年前に仕込んだ味噌で作った豚汁
自家製の高菜漬けやおにぎりを食べながら
ワイワイ楽しんで行った。


涼しい場所で熟成させ、早ければ半年後には食べられる。
でも、本当に美味しいのは2年後。
これからは人間の仕事ではなく乳酸菌や酵母の仕事だ。


発酵食品は冷蔵庫のない時代、保存食として重宝されたが
昔は人工保存料や人工発酵というものがなかったので
酵母や細菌など自然界にあるものだけを使い、出来上がるまでに時間がかかった。


日本では味噌以外に、醤油、酢、酒、納豆、漬け物など
様々な発酵食品があり、時間がかかるものが多い。
しかも人間は環境を整えるだけで、酵母や細菌のような「他力」の仕事となる。


そのような長い年月が基準となった昔の生活は
「コンビニエンス」「ファーストフード」という言葉に象徴される現代のリズムとは
全く異なったタイム感だ。



先日、地元の温泉で知り合いと話していて
ショックを受けたことがある。


地元で林業を営む初老の男性から聴いた話だった。


「大人になって林業に携わって、何十年も木を植えているがよぉ
 植えた木がお金になる頃にゃあ、俺はもう生きていねぇんだ。」


何というタイム感だろう。


自然とともに生きることは、インスタントなものではなく
とても時間を有することだった。


そのタイム感は、生産性や効率性に価値を置く現代人の思考からすれば
無駄な勿体ない時間かもしれない。


しかし、自然を征服するのではなく
自然と共生し、自然のリズムとともに生きることは
現代社会では得られない豊かさをもたらしてくれるように思う。


あたかも食品が自然のリズムで発酵することによって
味わいに深みがでるかのように。


私も、インスタントなものではなく
自然のリズムで「他力」とともに成熟していきたいと思った。


投稿者 haruki : 2007年02月08日 22:48

春の兆し


東京では、梅が咲き始め、春を感じさせてくれる。


一方、山では、梅の蕾はしっかりと閉じているし
山には雪が覆い被さっている。


その景色を見ていると、まだ春という感じはしない。


しかし今日、家の敷地を歩いていて
山での「春の訪れ」を発見。


蕗の薹だ。


山に引っ越して、初めて迎えた春
蕗の薹を発見し、とても喜んだものだ。
大事に掘り返し、蕗が育つように別の場所に植えかえをした。


暖かくなるにつれて、蕗は凄い勢いで育ち
どんどん敷地を占領していった。


それはさすがに困るので、刈払機で刈るが
翌週にはもう葉っぱが出ている。


根を抜いたとしても、少しでも根が土に残っていると
そこから地下茎で拡がっていき、結局は人間の方が根負けしてしまう。


凄い生命力である。


この小さな蕗の薹が、暖かくなると一面の蕗畑になってしまうかと思うと
怖い感じもするが、やはり嬉しさの方が大きい。


「今年も春を知らせてくれてありがとう。芽吹きを歓迎するよ。」


蕗の薹に感謝。


投稿者 haruki : 2007年02月23日 22:13

TOP PAGE