« 2006年10月 | メイン | 2006年12月 »

紅葉の賑わい


最近の森では、黄色や赤色に紅葉している樹、もう葉が落ちてしまった樹
青々と茂っている針葉樹など、様々な色合いを見ることができる。
とても賑やかな風景である。


この賑やかな風景もあともう少しすれば、葉っぱが落ち
針葉樹の緑色だけになってしまうので、多少寂しさを感じる。
そうなると、冬の訪れを感じることだろう。


確かに、広葉樹の葉っぱが落ちてしまうのは寂しいが
それに代わり、素晴らしい風景が拡がり始める。


それは、山々の姿だ。


寒くなると空気がピーンと澄み
山々の雄大な姿が木々の間から顔を出す。


そして、もう少しすればその山々に雪がかぶさり
その白い山に、いろんな色を太陽が映し出すことだろう。


自然は奪うだけではなく、必ず与えてくれる。
季節ごとに「死と再生」が行われている自然は素晴らしい。


投稿者 haruki : 2006年11月05日 13:20

TOP PAGE