生命の鼓動(the pulse of life)

~ ドラミングが健康に及ぼす10の効用 ~

クリスティーン・スティーブンス
リズムや鼓動は、人類の歴史と同じくらい古くからあります。リズムの起源は、オークの大木のように、この惑星すべてを覆う、たくさんの文明のなかに深く根ざしていて、私たちの祖先達はドラミングを、スピリチュアリティ、健康、治癒、祈り、儀式、祝祭のために使ってきました。

身体、心、スピリットには健全なリズムというものがあります。今日では、意識的に生きるという動きが広まっていますが、その動きは自分自身の健康と幸福に対して、私たちに積極的な役割を担うよう呼びかけています。私たちは、より良い生活のレベル、健康であること、スピリットとつながること、情熱をもって生きること、喜びにアクセスすることを求めているのです!

リズムは、あなたのなかにつねに存在しています。忘れ去られたり、沈黙していたり、さびたり、ホコリまみれになっているかもしれませんが、それでもなお、あなたのなかでリズムは刻まれているのです。歩行のリズムから、一息の吸気と呼気まで、あなたの人生すべてのなかにリズムは息づいています。

あなた自身、心臓のリズムを奏でるドラムそのものなのですから。


さて、ドラムサークルについて話しましょう。

リズムは多くの人々を惹きつけます。Torrenceにあるアメリカ・トヨタ本社から、カリフォルニアのRichmondにあるKaiser Permanente社に至るまでの数百人もの人々が、日曜日になるとヴェニス海岸にある公園に集まり、一同にドラムを叩いています。また、ゴールデンゲート公園では、ヨガ教室、スピリチュアル・リトリート、企業、医療センターの参加者が、リズムに魅了されています。その理由はいたってシンプルです。ドラミングはパワフルで、遊びに満ちていて、原初的であるとともに、ヒーリングの可能性を持っているからです。

アーサー・ハル氏によると、「ドラムサークルは、ドラム教室でもなければ、パフォーマンスでもありません。演奏する、すべてのレベルの人に開かれたもので、各自の内側にあるリズムを発見するために参加者をエンパワーするものであり、参加者は自分のリズムをサークルに分かち合うのです。」ハンドドラムや世界のパーカッションは、不思議な力、コミュニティ(共同体)、そしてリズムを創り出すために使われているのです。

統合医療の分野で成果を多く生み出しているトップ10の研究員達は、ドラミングには健康に及ぼす効用があるというエビデンス(証拠)を見出しています。研究において、今までドラムを一度も叩いたことのない被験者が、太古の人々の哲学を確証する結果をもたらしたのです。それは、ドラムが、表現、創造性、ヒーリングのための道具であるということです。


 1.Beat Stress(ストレスを打つ)


これはジョークではありません。医学博士であるBarry Bittman氏によって2001年に出版された"a ground-breaking study(革新的研究)"には、特定の順番で行われる1時間のグループ・ドラミングによってナチュラルキラー細胞(NK細胞)は増加する、と書かれています。NK細胞は、ストレスと闘うために必要な免疫機能をもつキー・マーカーなのです。

もう一つの研究では、6週間にわたる1時間のグループ・ドラミングを提供することにより、従業員のバーンアウト(燃え尽き)を減少させることも実証されています。


 2.Exercise(エクササイズ)


ドラミングによる身体活動は、上半身の使用と筋肉運動の協調を要求しますが、努力している感じをそれほど覚えることなく、大きな結果を得ることができます。なぜなら、ドラミングは楽しいものですし、やりたくて行うものだからです。ドラミングをしていると楽しくて時間を忘れてしまいますから。


 3.Spirituality(スピリチュアリティ)

ドラミングは、人々を個人の存在よりも大きな力に繋げてくれます。日本の神道の修行からネイティブ・アメリカンの儀式まで、多くのスピリチュアルな伝統においてドラムは、祈りであり、感謝であり、神聖さを呼び起こすものなのです。


 4.Joy(喜び)

ドラムサークルで、人々が最初に気づくのは、誰もが笑っているということです。2004年の研究では、HealthRHYTHMS(ヘルスリズムス)と呼ばれるドラミング・プログラムを6週間にわたって行うことで、ストレスで疲れ切った従業員の気分が、42%改善されたことが実証されました。その気分の改善には、活力や意欲が増加し、不安が減少したことが含まれます。


 5.Creativity(創造性)


作詞家であり、"Snow White"の歌声の持ち主であるMelissa Disneyは、自分の束縛を放ち、創造性を拡げるためにドラミングを使っています。ドラムサークルは自然発生的なものであり、すべての人々の内側にある創造性を開花させてくれます。そしてその創造性を、創造的なプロジェクトや人生、仕事のなかにもたらすことができるのです。


 6.Self-expression(自己表現)

ドラミングは、言葉を超えて分かち合う力を呼び起こします。医学博士のBernie Siegel氏によれば、「例外的癌患者たち(ECaP)とともに参加した、すべてのグループ・ドラミングの体験は、驚くべきことに、言葉だけで表現することが難しい心の奥深くにあるハートからの癒しの気持ちを、表面に浮かび上がらせてくれたのです。」 (訳注:ECaPとは、がん、エイズ等の難病に冒されながらも、生きる意志と望みを失わず前向きに自己治療にとり組む治療グループのことです。参考図書:バーニー・シーゲル著「奇跡的治癒とはなにか―外科医が学んだ生還者たちの難病克服の秘訣」)


 7.Energy(エネルギー)

Skye Alexanderの"The Care and Feeding of Your Chi(氣の世話と養育)"では、エネルギー・ブロックの解消、緊張の解放、気分の改善のために、ドラミングを勧めています。「身体活動とドラムの音は、まさにホリスティックな体験、エネルギーを活性化する体験に向かうものです。」


 8.Making Music(音楽創作)

人口の99%の人々は音楽を愛しています。しかし、18歳以上のアメリカ人のうち、たった8%の人々しか、楽器を演奏していません。今まで楽器を演奏したことがない人々は、ドラムを叩くことにより、自分自身で居ることの心地良い感覚と自分らしいリズムの表現を見つけるのです。Wayne Dyerが言うように「音楽を内側に秘めたまま、死なないでください。」


 9.Be in the NOW(今にいること)

ドラミングは、人々を頭から連れ出し、ハートに至らせます。そして、過去や未来から連れ出し、今この瞬間のなかに投げ入れてくれるのです。Ekhart Tolleによると、「今」に在ることは、覚醒するための鍵です。ドラムは、「今ここ」への道であり、十全に現在に存在するという感覚、気づき、生きている実感をもたらしてくれるのです。


 10.Unity(ユニティ)

ドラムサークルとは、人間関係とコミュニティ(共同体)のメタファーであり、人々は、リズムを通して一体となる力強い感覚を楽しむのです。


あなたのグルーヴを得るには

次の3つのステップで、あなたは、人生のなかにドラミングを導入することができます。


 1.Get a drum(ドラムを手に入れましょう)

現在、もっともポピュラーなドラムは、おもに二つのカテゴリーに属します。それはバッファロードラムやフレームドラムと、円錐形のドラムです。円錐形のドラムには、お椀型をしたアフリカのジェンベやエジプトのドゥンベック、それにコンガのような樽の形をしたドラムも入ります。 もちろん、内側にあるリズムにアクセスするための素晴らしい楽器である、シェイカーやガラガラ、ウッドやベルなどのパーカッション類もあります。


 2.Play!(演奏しましょう!)


ドラムサークルに行きましょう。自分の家で、或いは自然のなかに入って演奏しましょう。また無料のドラムサークルは、カリフォルニア全域にあります。


 3.Create your own practice(あなたなりのやり方を創りましょう)

タフな一日の終わりに、ストレスを解消しましょう。心臓の鼓動のリズムを演奏して魂を鎮めましょう。以下に、家で簡単に演奏できるエクササイズを、ヒーリングドラム・キットから紹介します。

心臓の鼓動のリズム ー Lub dub.(pause)Lub dub.(pause)Lub dub.

これを繰り返します。

そして静かにします。胸に掌を当てて、あなた自身の心臓の鼓動のリズムにつながりましょう。次にあなた固有のハートの歌と親しみ、それをドラムに置き換えてみます。あなたの内側にある生命と愛の源泉につながっていることを感じてみましょう。あなたのハートがあなたに伝えているメッセージに耳を傾けてみましょう。

(文責:贄川治樹)

この論文は、クリスティーン・スティーブンス女史の承諾のもと、贄川が翻訳したものです。クリスティ-ン女史に感謝いたします。